Top > ラスボス
HTML convert time to 0.007 sec.


ラスボス

Last-modified: 2018-02-19 (月) 21:58:35

ラスボス【らすぼす】 Edit

ラスボスの定義 Edit

  • ゲームの最後に待ち構えるボスのこと。本来はラストボスという表記が正しい。・・・が、日本人は何でも略して四文字にするのが好きなので、トという僅かな一文字さえ省いてしまった。しかもその呼び名が驚くほどに定着している。よって、この項目もその略称を使用している。
    • この用語辞典全体で『ラスボス』で検索すると15件出てくる(2011/3/1現在)。『ラストボス』だと一件も出てこない。
      つまり、この項目において初めて『ラストボス』という単語が現れることとなる。お誕生日おめでとう。
    • ちなみにGoogleで「ラスボス」で検索をかけると869万件、「ラストボス」だと81000件ヒットする。
      (2018年2月19日現在)
  • 基本的には、『倒したらそのままエンディングになる』敵こそがラスボスであるが、一部に例外も存在する。
    • 類似した存在に裏ボス(倒さなくてもゲームクリアが可能であるボス。或いは、一度エンディングを迎えてから会うことができるようになるボス。または、特定の条件を満たしてラスボスを倒した時のみ戦えるボス。などなど)という存在があるが、多くは区別して扱われる。なお、得てして裏ボスの方がラスボスよりも強力であるケースが多い。もちろん例外はある。

マビノギのラスボス Edit

  • マビノギにおいては、メインストリームジェネレーションにおけるラストバトルにおいて相対する存在をラスボスと呼称することが一般的である。つまり、ラストバトルが存在するジェネレーションの数だけラスボスが存在する。
    • G19現在、ラストバトルが存在するジェネレーションはG1G2G3G8G9G10G11G12G13G14G15G16The Drama IRIAThe Drama IRIA第二章・G19の15種類。どれも一般的なダンジョン影ミッションのボスとは一線を画した存在である。その多くには特殊な演出が組み込まれており、ただ闇雲に戦闘しているだけでは絶対に勝利することが出来ないものもいくつかある。
      • もっともG13G14G15のラスボスはソロ専用ということもあってか弱く、「マビノギ史上最弱のラスボス」というありがたくない名前を頂戴している。
    • ゲーム中最強の存在であるレッドドラゴンやマスターリッチこそラスボスだ、という声もあるがこれはマイノリティー。

マビノギのラスボス? Edit

一部のプレイヤーにはラグや運営こそがラスボスだ、という声もあるがこれはどちらかというとジョークの部類。
更に一部のプレイヤーには破壊神こそがラスボスだ、という声もあるが・・・これはあながち間違っていないかもしれない。運営からの扱い的な意味で。

余談 Edit

  • かつては『倒した時がそのゲームの完全クリアーである敵』こそがラスボスであったが、ゲーム機・記憶媒体の進化に伴ってそうではないケースが増えてきた。というか、現在においてはラスボスを倒して完全クリアーとなってしまうゲームの方が少数である。多くのゲームにおいては『やりこみ要素』『裏ボス』『ラスボスを倒して初めて解放される要素』『追加要素のある2周目』などが用意されている。
  • 多くのゲームにおけるラスボスには専用BGMが用意されており、中には一際荘厳なものも多く、高い評価を受けることもしばしば。マビノギもその例に漏れず、G2G3を除いてラスボス戦専用のBGMが流れる。こちらも一部のプレイヤーには好評で、普段はクライアントのBGMを切っているがラスボス戦だけは別、というようなプレイヤーも少なくない。
  • マビノギのラスボスの多くは何かしらの理由で全力を出し切れていない、プレイヤーのみの力では完全にとどめを刺すには至らないなど、少なくともストーリー展開上では一方的な勝利となるケースは意外と少ない。
    劣化コピーないし再生が不完全であるためオリジナルの力には及ばないケース、戦闘中にプレイヤーが新たな力を手に入れる事で対抗可能となるケースなど、本当はもっと強いらしいという設定が結構ある。
    まあ仮にも世界規模の脅威となる連中である訳なので、こういった理由付けも世界観的には重要なのであろう。
    • 因みに至上最弱と名高いC4のラスボスだが、こいつらは特に手加減してる訳でも、劣化してる訳でもない。そしてプレイヤーが外部の力を借りたり、新しい力に目覚める事もない。
      つまり、ストーリー的にも最弱のラスボスと言っていい扱いなのである。それでいいのかラスボス。

関連項目 Edit

ネタバレ注意