Top > ムーンゲート
HTML convert time to 0.004 sec.


ムーンゲート

Last-modified: 2018-07-13 (金) 00:11:52

ムーンゲート【むーんげーと】 Edit

概要 Edit

  • 見た目は、鎖に繋がれた巨大な石を中心に据えている石の門。設定背景などは、ムーンゲートの由来の本を参照。
    簡単に言えば二つの月のマナを利用しているため、イウェカが昇る夜間しか使えずラデカの位置の影響を受けるという仕組み。
    鎖で繋がれている石は、稼動中は空中に浮き上がっており、停止時には垂直に下降する。
    近くで見ていると、カタカタカタといい音を立てて昇降する。
  • ZEROアップデートにより見た目が豪華に変更され、周囲にミニチュアのラデカのようなオブジェクトが設置された。

G16アップデート以前の仕様 Edit

  • 行き先はラデカの位置によって異なり、ゲートに入るとその日の行き先ゲートに移動する事が出来る。
    出口になっているムーンゲートには入れないため、行き先をよく確認してからゲートに乗る方がよい。
  • 一部のプレイヤーはマナトンネルのように一度入った事のあるムーンゲートならば何度でも行ける方式を望んでいるが、設定背景やシステムの関係、ケオ島の存在もあって受け入れは難しいと見られる。(後に実現。詳細は後述)
  • G11アップデートにより、ダンジョン前に設置された全てのムーンゲートが撤去された。
    さらに周期自体がまったく新しいものに差し替えられ、タラが何回も連続できたかと思えばその後リアルで半日ぱったり来なくなるなど、この修正には(ゲームの世界観的にはともかく)利用者には不満が多いようだ。
    • 一例を挙げると、ペッカ行きのムーンゲートがなくなった為に、フレッタに会いに行くのが少々面倒になってしまった事と、ムーンゲートに入る場所が少なくなったので利用する機会が減った事。
    • 現実に、韓国ではこれに苦情が多かったのか、翌G11S2のアップデートで早々に周期が書きかえられている。

G16アップデート以降の仕様 Edit

  • G16アップデートでは周期的に行先が変化する方式が廃止され、マナトンネルと同じく登録する方式に変更された。
    懸念されていたケオ島のムーンゲートは初めて利用する時点で登録済みであるため、登録したくてもケオ島に行けず登録できないという心配はない。
    ただ、何も知らない初心者が誤って行ってしまうのではないかという新たな懸念も…。
    • まぁ、たとえ行っても夜であればムーンゲートから外に出ることは出来るが。
    • ムロに話しかければ島外に出してもらえる。がバカにされる。

ZEROアップデート以降の仕様 Edit

  • 2013年10月10日のZEROアップデート第二弾とともに仕様が変更され、常時利用可能になった。
    • これにより、移動の利便性は大幅に向上したが設定とはなんだったのかという感も。
    • 一応側にはラデカを模したオブジェクトが追加されているため、擬似的なラデカを動力として設置したものとも取れる。
  • また、G11以前に設置されていたダンジョン前のムーンゲートが復活した他、かなりの数が新たに設置された。
    • ブラゴ平原スリアブクィリン等、過剰すぎるように思われる地域があるほかタルティーン墓地などほぼ利用者がほぼ皆無であろう位置にまで追加された。
      • 一応クィリンは居住区画がありイベントも開催される事と、タルティーン墓地は熊を相手取っての修練や皮あつめに利用できるため、まったく需要がないわけでもない。
      • あればあったで困るものでもないので、何かのついでに登録して頭の隅に置いておくといいかも。