Top > ミミック
HTML convert time to 0.004 sec.


ミミック

Last-modified: 2013-04-22 (月) 15:05:11

ミミック【みみっく】 Edit

Mimic:模倣者・~の形に擬態する・擬態


モンスターとしてのミミック Edit

  • 国産RPGでもお馴染みな宝箱に擬態したモンスターマビノギでも宝箱に擬態している。
    外見上は普通の宝箱とほとんど変わらないが、いくつか見分ける方法は存在する。
    特殊ダンジョンを除き全ダンジョンに現れ、魔符ドロップ率も比較的高いため初心者の金稼ぎにはもってこい。
  • こういったトラップモンスターは「強く」「いやらしい」という印象が強いが、マビノギのミミックは後者のみが際立っている。特に攻撃速度が早く、普通に開ければまず間違いなく先制攻撃を喰らい、ウィンドミルで開けても硬直の間に近寄られてかじられる。また一打かつ確実に吹き飛ばされるため、近接攻撃を当てようとがむしゃらに近寄っても逆にかじられて時間がかかる場合もある。
  • しかし攻撃力は全然なく、弱い癖にそこそこの経験値と高い換金額の魔符をドロップすることから、ミルや範囲攻撃で一蹴できるようになるとカモになる。また上位種族のステータス上昇幅が僅少なため、強敵がはびこるペッカダンジョンでは癒しモンスターとして扱われる。クリティカル率が高めだが、元々の攻撃力が低いので、を装備していれば殆どダメージは一桁で済む。
    • さすがに上級タイプやハードモードタイプではそれなりの負傷率を持つため、迂闊に開けない方が良い。特にハードモードでは「アイデルン製」と言ってもいいくらいに頑丈になっている。攻撃力、負傷率も軒並み高いので、防御性能に自信がなければ初撃はミルチャージングフィストで。ジャイであればストンプも可。
      召喚時にエフェクトを発生させるペットで殴り起こしてもよい。
    • その高いクリティカル率を利用して、クリティカルヒットスキルの被クリティカルヒット修練に良く利用される。壁際でミミック3、4匹に齧られ続けると、面白いように修練が進む。ただし、ダメージの蓄積でこちらがいつかは行動不能状態になるので、定期的にライフを回復さえる等をしないといけない。
      自動でヒーリングを掛けてくれるAIを組み込んだペットを利用すると、ペットの召喚時間いっぱいまで放置で修練を進める事が可能。

ペットとしてのミミック Edit

  • ペットの種類。G12S1現在では「アンティークミミック」・「ウッドミミック」の2種類が存在する。
    共通して特殊スキル「飲み込み」により弱ったモンスターを飲み込み、銅像に変えることができる。
    • 像の色は基本的に灰色だが、インベントリに金・銀・銅の板を持たせることで金像や銀像も作成できる。
      ハウジングのインテリアにどうぞ。残念ながら浪漫農場に置いても出ると消えてしまう。
  • 特に「アンティークミミック」に関してはシロフクロウに次いで大きいインベの持ち主(他には3種だけ)である。
    またジャイアントが他人のペットに乗れる数少ないペットでもある(他は魔法の絨毯のみ)。
  • 他人を乗せると、ミミックの目の部分が乗せたキャラクターの目になる。さらに複数人乗ると目が増える
    本来の中身?がその間どこにいくのか気になるところ。まさか乗った人に踏みつけられて