Top > 乱れ苦無
HTML convert time to 0.002 sec.


乱れ苦無

Last-modified: 2014-06-21 (土) 07:24:32

乱れ苦無【みだれくない】 Edit

複数の敵をまとめて制圧できるスキル。
その場で飛び上がり、大量のクナイを放って選択した敵とその周囲にダメージを与える。

概要 Edit

  • 忍術ストーリークエスト「専心の段」をクリアすることで習得。
    ターゲットを中心の範囲にクナイの嵐を浴びせる。3段攻撃。
  • ランクアップによってダメージ倍率と射程距離が伸びる。クールタイムと攻撃範囲は一定。
    • 保護を無視してクリティカルヒットが発生する。※要検証※
    • 1回の攻撃で3回の判定が発生するが、それぞれが独立した判定となっており、ラグや大量の敵を一気に巻き込んだ際に不発することがある。
    • 他の範囲攻撃と異なり、ターゲットおよび巻き込んだ敵すべてに敵対されないという特徴を持つ。そのため、先行を持たない敵や凍結できる相手に対して一方的に攻撃することができる。忍者だからだろうか・・・。
    • トレーニング回数と条件が異様に難しくなっている。「敵を攻撃する」「敵に勝利する」項目は敵の数に関係なく、一度のスキル使用で1回しか埋まらないため、クールタイムが短めと言っても根気が必要だろう。
      • ちなみに、なぜかランク9から「敵に勝利する」トレがなくなり、修練において敵を倒す必要がなくなっている。

余談 Edit

  • 苦無、または苦内と書く。サイズは8センチ〜13センチ程度で、形状は爪状、または平たいものもある。後部(持ち手の先端)は輪になっており、縄を通すこともできた。
    用途はさまざまで、壁を登る、地面を掘る、縄をつけて高所の昇降、材質によっては火打石をこすり付けることで火をおこすこともできたという。もちろん近接戦闘や投擲などにも用いられた。その汎用性から「(持っていると)苦労が無い」ことから「苦無」との名前がついたとされる。現代でいうところのサバイバルナイフのようなものだが、その万能性においてはそれらをも凌駕しうるとされている。忍者がただの暗殺や諜報のみではなく、優れたサバイバリストであったことの証でもある。