Top > 防御
HTML convert time to 0.006 sec.


防御

Last-modified: 2016-09-20 (火) 18:08:48

防御【ぼうぎょ】 Edit

  • マビノギにおいてキャラクターの防御力をあらわす4つのステータスの内の一つ。現在では主に物理防御の項目を指す。
    物理攻撃を受けた際に被ダメージから数値分をダイレクトに減算する。
    ZeroアップデートからはStr+10ごとに1増えるようになった。近接型なら防御100突破の敷居はだいぶ下がっている。
    • STRの上がるスキルを網羅したプレイヤーともなると、一切装備を身につけていないにも関わらず、やすやすと防御100を超えるという。
      ヒューッ、見ろよやつの筋肉を・・・まるでハガネみてえだ!!こいつはやるかもしれねえ・・・
  • 防御の数値に関わらず、ダメージ軽減の上限は1。そのため、どんな非力な攻撃でも1ダメージは受けてしまう。よって、デッドリー状態ではその用を為さない。
  • 明確な弱点は、物理属性以外の攻撃、すなわち魔法攻撃及び無属性、そして固定ダメージに対しては軽減効果がないということが挙げられる。
    • 魔法攻撃は当たり前だが(物理)防御力では軽減できない。ライフドレインやヒュドラ錬成などの無属性攻撃もやはり軽減できない(もちろんだが魔法防御でも軽減できない)。そして毒やショックなどの固定ダメージに関しても完全に無力となっている。そのため、アルビ中〜上などでは、被弾時のダメージは大したことはないのだが、毒による継続ダメージが被害の中心となる。これらに対しての対策は念入りに行いたいところ。

備考 Edit

  • 服や革靴など鎧タイプ以外の装備品やディフェンススキルを習得することでも上昇するため、保護に比べて上げやすく、多タゲなどによって軽微なダメージであれば、ことごとくダメージを1に抑えることはたやすい。
    反面その性質上100を軽く超えるダメージを連発する強力なボス相手には効果がやや薄い。
  • 防御よりもカウンターなどの反撃を主体としているマビノギでは扱いは良くない。ZEROアップデート以降、ダメージと防御力のバランシングが行われたため、現在では幾分か再評価がなされ始めている。
    しかし、前述のDEADLYというシステム的な要件からも、マビノギのシステムを覆すほどの評価は得られていない。
  • 使用中の装備(いわゆる表装備)にを装備している場合、ステータスには表示されないがそれだけでダメージ軽減の効果が得られる。特に何も理由がなければ、何がしかの装備で補っておくと、意外なところで命拾いすることも・・・。
  • ディフェンススキルのことを指す場合も。これは防御力・装甲としての「防御」(Armor)と、敵の攻撃に対する行為としての「防御」(Diffence)の違いから生じている。
    例:
    A「防御どのくらい?」
    B「(ランク)5だよ」
    A「低いね」
    B「そ、そう?」

余談 Edit

  • なお、ZEROアップデートによって防御ステータスは、過去の防御・保護の2つから防御・保護・魔法防御・魔法保護の4つに細分化された。
    それによって、多くの敵に対して相対的に魔法に属するダメージが有効になった。
    • これは、細分化された防御ステータスに対し、防護・保護には従来どおりの数値が割り振られていたため、物理攻撃に対しては大きな変化はなかった。しかし、魔法攻撃に対する防御ステータスは設定されていなかったため、参照するステータス数値のみしか反映されておらず、魔法に対してほぼ無防備、ということが理由と言われている。
      今までは魔法にも物理にも高い防御力を持っていた敵に対し、現在では差異はあるものの、おおむねダメージが上昇する傾向にある。現在は、燃費とダメージのバランスが取りざたされていた魔法の価値を、新たなベクトルで見出す結果となった。
      • 逆に、元々防御数値が低かった相手に対してはあまり変化がなかった。むしろ、ウルラ大陸のインプなどはINTと魔法攻撃力がヤケクソなほど高かったため、変更以前よりも魔法攻撃に対して耐性が増している。
  • 無論、これらはプレイヤー側にも適用されているため、今までどおりの防御・保護偏重では魔法に対して無防備になってしまった。INTやタイトルによって魔法防御・魔法保護を高めることは可能だが、鎧や防具などに関しては、極めて少数のものだけが有し、それも改造やエンチャントによって強化できない非常に上げ辛いステータスとなっている。最近では脳筋も知性(INT)が必要なのである・・・。
    • 一方、魔法士達は意外な形で恩恵を受けることになり、魔法攻撃に対しては生半可なものではビクともしない。種族的な理由から、エルフ野獣化によって、他種族よりも高い魔法耐性を得ることができる。

閑話 Edit

  • ZEROアップデート後、多くのプレイヤーはすんなりとこの変更に適応していたが、ひとつ大きな問題があった。RPである。
  • RPではアイテムや装備を持ち込めないため、DevCatが策定した方法で、ある程度の攻略情報を持ったうえでのプレイを想定されているが、この変更後、魔法属性の攻撃に対してのバランス調整を行っていなかったため、変更前と変更後では難易度が大きく変わっているという事態を引き起こしている。(The Drama IRIAのミリアRP、シャマラRPなど。特にルエリRPでは魔法防御・魔法保護とも前述のとおり低下しているため、強すぎるルエリを操り、惨劇を目の当たりにするというショッキングな場面が、魔法士達によって袋叩きに会うという情けないRPになってしまっている。))