Top > 釣り
HTML convert time to 0.006 sec.


釣り

Last-modified: 2014-07-20 (日) 18:07:56

釣り【つり】 Edit

釣りは泳いでいる魚を釣るのに必要なスキル。
釣竿と餌があれば簡単に始められるが、上手くなるには努力が必要。
魚が釣れるまで焦らずに待ち、要領よく釣り上げる方法を身に付けなければならない。

概要 Edit

  1. 水のあるところで釣竿とを装備して使用するスキル
    生活才能に分類され、トレーニングボーナスに対応する才能は冒険。
    • 釣れるのはほとんどゴミだが、ごく稀に高価なアイテムも釣れる。「ほのぼのファンタジーライフ」を代表するまったり系スキル。微量ながらスタミナとSTRが上昇するが、基本的にはあんまり実用性のないスキル。
      • ZEROアップデートにより、料理の性能が大幅に変更。ステータスそのものの見直しなどを経て、お手軽かつ強烈なステータスブーストが可能になった。それらの一部の料理には魚類が必要なため、ものによっては需要が多少見込める。これはフェスティバルフードの登場によってさらに注目を浴びた。
    • 手動釣りと自動釣りがあり、カウントダウンが終わるまでに「自分で釣る」ボタンをクリックすると手動釣りに、そうでない時には自動釣りになる。
      一般的に手動釣りの方が自動釣りよりも大きなサイズの魚が釣れやすい。
      詳しくはmabiwiki:スキル/生活/釣り
    • 本来なら、狙う魚ごとに竿やエサは当然の事、釣り方やシカケ(竿や釣り糸、浮きなど道具全般のセッティングのこと)やオモリなどを調整しなければならず、そのあたりも釣りの醍醐味なのだが、マビノギの場合は特に問題なく竿とエサがあれば釣れてしまう。筆者もワカサギ用のシカケに貝がかかったことはあるが、魚や貝どころか、甲殻類にモンスターまで問答無用で釣り上げるその竿とエサ、ナチュラルに魔法の品なのだろうか?
      • このあたりは手動釣りによるアクション性を優先し、煩雑なシカケやエサの選定部分を簡素化した結果と思われる。マビノギの「判りやすさ」「手軽さ」を優先したためやむを得ないと思われるが、シカケのセッティングやエサで狙える魚を選定できる面白さを取り入れていないことに対し、ごくごく少数ではあるが、改善を望む釣り人も存在しているという。
    • 時々イベントの対象になることもあり、そうなると当然多くのプレイヤーが水辺に集うことになる。
      このため、かつては該当イベント中は全チャンネルが「満員」状態になり、チャンネル移動やログインがままならない状態になることもあった。
      サーバー統合によって1つのチャンネルへの接続数が倍加し、再び全チャンネル満員の悪夢が見られるかとも思われたが、現在ではプレイヤーの数が落ち着いたことと、実はマビノギのサーバーそのものが増強されていたため、相当数の量的余裕ができているのだという(そのため「満員」表示でも案外入れたりする)。
  2. 密集している敵モンスターの一匹にアイスボルトなどを遠距離から当て、おびき出す戦法のこと。
    戦う場所の無い狭い通路に強いモンスターがいるときや複数の種類のモンスターがいる部屋などでよく使われる。ゲーム用語としてポピュラーなものであり、もちろん語源はそのさまが「沢山の魚の中から1匹だけつり出す」姿に酷似していることによる。
  3. 掲示板などで、わざと閲覧者の関心を引くようなことを書き込み、閲覧者を騙して反応を楽しむこと。