Top > 神秘の真珠
HTML convert time to 0.004 sec.


神秘の真珠

Last-modified: 2016-09-20 (火) 05:53:46

神秘の真珠【しんぴのしんじゅ】
The Strange Pearl

普通の真珠とは異なる色の真珠。ウワサによると、
同じ色の錬金術の結晶と関係があるそうだ。

雑貨類のアイテムでスタック数10。
インベントリサイズは1x1。海産物に属し、アブネア湖でのみ釣れる。
確率はあまり高くはないが、釣れないというほど釣れないわけではない。

ZEROアップデートまでの仕様 Edit

  • かつては錬金術スキルライフドレインに必要なライフドレインの結晶を錬成するのに必要な素材だった。ご存知の通りライフドレインはライフを回復しつつ攻撃するという非常に強力なスキルである。しかし、ZEROアップデートまでの錬金術の仕様上、多くの錬金術スキルでは専用の結晶を必要とした。
  • もちろんライフドレインでも専用の結晶が必要であったが、そもそもの成功率がかなり低く、曜日・天候・装備・補助スキルを揃えても成功率が80%にも届かないなどはザラだった*1
    そのため、ライフドレインの結晶はそれなりに値の張る消耗品になってしまい、一方自作しようにも前述のとおりアブネア湖でしか釣れないため気長に取り組む必要があった。
    また、ライフドレインのトレーニングには結晶制作が含まれないため、トレーニングの副次効果として結晶を得るということもなく、ライフドレインの結晶を得ようとして作らない限り手に入らないという状況にあった。
    • 一方、アブネア湖で釣りをしているプレイヤーにとっては10個スタックで場所をとる割に使いみちがないため、ただ捨ててしまうこともあったとか。そのため漁師のフレンドなどを頼って安値で譲ってもらう錬金術師も時々いたそうな。
    • 余談だが、謎の鉱石の欠片も同様に鉱物採集のハズレアイテムであるがアイスマイン金属変換の素材として非常に有用だったため、こちらを買い求める錬金術師も少なくはなかった。そのため錬金術に詳しくないプレイヤーは、本来捨ててしまうようなアイテムに「ゴールドを払ってでも欲しい」という錬金術師達を変わり者の集団だと誤解しているケースもあったとか。

ZEROアップデート以降 Edit

  • そして時代は下り、ZEROアップデートによって特殊結晶の殆どが廃止。既存の結晶は換金アイテムとなってしまったため、ライフドレインの結晶はもちろん、結晶制作だけの用途しかなかった神秘の真珠もその価値をまるごと失ってしまった。
  • 現在では収集日記の項目も埋まらない、売値も0Gという完全なゴミとなってしまった。

王政錬金術師との関わり Edit

  • 王政錬金術師任務No.13で5個必要とされる。
    現在では前述のとおりゴミ化してしまった神秘の真珠だが、王政錬金術師の実装以来(少なくとも明的な形では)変更が加わっていないため、任務内容もそのまま踏襲している。
  • 他にクィリンストーンなどの存在意義を失ったアイテムも要求されている。これらは王政錬金術師以外にとっては全くの無価値なアイテムのため、王政錬金術師の需要を当て込んで保有しているという物好きなプレイヤーはほとんどいないだろう。そのため逆に当時よりも遥かに希少なアイテムとなってしまう現象を引き起こしている。
    • 幸い、クィリンストーンも神秘の宝珠も入手にはそれほど手間が必要なものでもない。実装後長い時間が過ぎ、すでに錬金術スキルをすべてマスタートレーニング済みでも落選するほどの超高倍率となっている現状、この程度のアイテムを自力で入手できない錬金術師もいないだろう。

余談 Edit

  • ご存知、真珠とはアコヤガイなどの「体内に侵入した異物に対して真珠層を形成して身を守る」という生態によってまれに形成される装飾品である。このメカニズムを利用して人為的に真珠を作り出す養殖産業も存在する。日本では伊勢志摩などが有名。
  • マビノギでも真珠貝の名称で存在しているため、知っている人は多いだろう。インベントリサイズ1x1でスタック不可というなにげに小憎らしい仕様。ちなみに真珠貝とは正式な名称ではなく、真珠の養殖に特に用いられるアコヤガイの別名のこと。このことから、おそらくはマビノギでの真珠も同様のプロセスでもって作られるようだ。
    • なお、この神秘の真珠はどのようにして、またどこが「神秘」なのかは明らかになっていない。英名ではStrangeで表現されているため、とにかく普通とは違うということだけは確かなようだ。
    • ちなみに「同じ色の錬金術の結晶と〜」という記述があるものの、(もう知っている人も少ないだろうが)ライフドレインの結晶は緑色の結晶の中心に黄色の核となっているため、オレンジ色に近い神秘の真珠を連想することはあまりなかったのではないだろうか。





*1 ちなみに錬金術の生産にはパーティーボーナスがない