Top > 死の舞踏
HTML convert time to 0.002 sec.


死の舞踏

Last-modified: 2017-06-30 (金) 13:15:18

死の舞踏【しのぶとう/ダンス・マカープル】 Edit

芸術家の表現は言語と音だけにとどまらない。
美しい舞は踊る者だけではなく、それを見ている者たちにも感動を与える。あるときは流れる水のようにしなやかに、あるときは力強い力と豊かな感情を込めて、またあるときは節制された表現で身体を動かす。
没入したダンサーは外部からの刺激に萎縮せず、内面の力を引き出せるようになる。無我の境地に達したダンサーの早い足と止まる事を知らない指先は敵の防御能力を無視してダメージを与え、防御意思を弱める。踊りに我を忘れてしまった敵は反撃するチャンスも得られないまま死に至る。この踊りが「死の舞踏」と呼ばれるのはそのためである。

概要 Edit

  • 音楽スキルに属する。全方位に中距離の攻撃判定を持ち、複数回の攻撃判定を断続的に発生させる。このダメージは固定ダメージで、ダメージ数値と攻撃回数はランクアップによって向上する。また、スキル中は移動可能。
  • 5月17日「MEMENTO」アップデートで実装。連続ストーリークエスト「君を思い出で終わらせない」を完了することで習得する。
    • 突進と同等のスキル準備時間を必要とし、スキルの効果中はのけぞりを無効化する。音楽スキルだが武器の制限はない。

備考 Edit

  • キレの良いノリノリのダンスを踊り狂いながら周囲の敵をなぎ倒していくという強烈なインパクトが目を引く。この「ダンスモーション」や「発生するエフェクト」はスキルタブの「管理」から「テーマ」と「ムード」という項目で選ぶことができる。習得直後はそれぞれ1つしか選択できないが、シードフィナハのドロップや報酬で得られるアイテムから習得することができる。
    • 「昇級(または習得)」ないし「APトレーニング」が表示される緑色のボタンが「管理」になっている。ダンスやエフェクトはここから選ぶ。では死の舞踏は昇級やAPトレーニングできないかというとそうではなく、管理ウインド内にAPトレーニングの項目が表示されるので安心。
  • 見た目のインパクトに気を取られがちだが、固定ダメージのため高い防御力・保護を持った敵に対して攻撃手段のひとつとなりうる。しかも様々なスキルの硬直を死の舞踏でキャンセルすることができ、攻撃から攻撃へのつなぎ、仕切り直しなどに向く。
  • 攻撃判定はランクによって徐々に広がっていき、歩行と同等の速度で移動できるためギリギリ届かなかった場合などの対処には非常に有利。
  • 攻撃は全方位+大きめの強制のけぞり+ダウンゲージ蓄積なし。この攻撃を受けた敵は「!!」を出して交戦状態になるが、直後に無警戒状態に戻ることが確認されている(この点は敵の1:1属性によるものか不具合によるものか、仕様かは検証中)。
    そのため混戦状態になってしまったときに仕切り直しにも使えるが、味方を邪魔してしまうことも考えられる。ただ無心に踊り狂うだけではいけない。一流のダンサーはその時を見極める必要があるだろう。