Top > ワイヤーバインディング
HTML convert time to 0.004 sec.


ワイヤーバインディング

Last-modified: 2014-04-04 (金) 01:26:17

ワイヤーバインディング【わいやーばいんでぃんぐ】(Skill) Edit

人形術スキル群のひとつ。ワイヤーで相手を長時間拘束し、持続ダメージを与える。
ハンドルを装備すれば習得できる。

概要 Edit

  • 有効射程10メートル。ランクアップによって延長される。
    3段階の手順を踏んでダメージが発生する。
  1. ワイヤーで相手を拘束し、小ダメージを与える。
  2. 拘束時間の上限に達すると解除と同時にダメージを与え、通常であればのけぞり、クリティカルヒットが発生するとノックバックしてスキルが終了になる。拘束時間はランクアップによって延長され、解除時のダメージもランクアップによって上昇する。
  3. スキル終了後15秒間、追加ダメージが発生する。
  • 拘束状態になると、プレイヤーと敵はお互いが移動・攻撃が一切不可能になる。マリオネットへの連結も不可能。
  • 拘束時間の上限まではいつでも任意でスキルをキャンセルすることができる。
    • ただし、解除時のダメージは発生しない。また、「スキルを成功させる」項目の修練は、解除時のダメージが発生するタイミング(拘束時間の上限で、自動解除の時)でしか達成したことにならない。
  • 拘束中と解除後の持続ダメージで敵を倒すことはできない。解除時の攻撃であれば可能。
  • ダメージは人形師のステータスにスキルランクごとの倍率で算出される。
  • サイズの大きい敵や重量のありそうな敵に対してはスキルを使用することができない。また、のけぞりのないほとんどの敵に対しても使用できない。
  • 解除ダメージの発生をもって「直接攻撃をした」と処理されるため、1:1属性をもっているであっても、拘束中に別の敵がアクティブ?状態になり、攻撃を受けることが多い。

備考 Edit

  • 相手をかなり長い時間拘束できるスキルで、パウンディング中の追撃を簡略化したようなイメージ。
  • 再使用時間が一律15秒と若干長い。このクールタイムはスキルが終了した時点から開始するため、使用から再使用までの時間を考えると、一回のループが非常に長い部類に入る。
  • 長い拘束時間は、他のスキルのクールタイム稼ぎに最適。強力な攻撃の準備時間にも有効に働くだろう。
  • 戦闘力(CP)に関係なく、スキルが発動しさえすれば拘束できるという非常に強い性能を持っているため、戦闘に自信がないプレイヤーでも、味方の強力な攻撃への援護として充分に機能する。
    • 一方、本人のステータスが充分に育っていれば総合的には侮れないダメージをたたき出す。直接攻撃、支援攻撃の両方で意外な活躍ができそうだ。
    • 拘束中でもゴーレムへの切り替えは可能。
  • 味方に襲い掛かる敵を引きとどめるのに最適。射程が心持ち短いが、それでも発動の早さ、かかる敵にはかかるという確実性、長い拘束時間、と緊急時には頼りになる。
  • 使い勝手はいい部類に入るが、前述の通りクールタイムが長めになっている。
    ピンチの時に準備中では困るし、かといって大事にしまいこんでいても仕方が無い。ここぞの時を見極めて「本番に強い」ところを見せられるようにしよう。