Top > レイジインパクト
HTML convert time to 0.010 sec.


レイジインパクト

Last-modified: 2017-04-08 (土) 15:37:38

【レイジインパクト】
Renovation?アップデートで追加された戦術スキルの一つ。

戦士は数的不利な状況でも決して戦意を失ってはいけない。
物理的な優劣以前に、心構えができていないと敗北は免れないだろう。
レイジインパクトを使う戦士は戦意と怒りを込めた威圧的なオーラを瞬時に発散し、周囲にいる全ての敵の戦意をしばらくの間、くじく事ができる。
このスキルは敵の攻撃を受けているほとんどの状況で使用でき、敵が油断した隙を狙って反撃のチャンスを得る事が可能だ。

概要 Edit

  • カウンターアタックランク9+アタックランク5で発生する「レイジインパクトを学ぶ」クエストを完了することで習得する。プレイヤーを中心に全方位へ衝撃波を発してダメージを与えるとともに相手を硬直させる瞬間的なスキル。
  • 使用に当たっては戦術才能に分類される武器、具体的にはソードマスタリ、ブラントマスタリ、アックスマスタリが適応される武器*1を装備していることが条件。

性能 Edit

  • ウインドミルと同等の攻撃範囲を持つ全方位攻撃で準備時間のない即時発動型。しかも殆どのスキルの硬直を無視して発動することができ、ダメージを受けているのけぞり状態からでも使うことが可能という攻防一体のスキル。そのうえ発動時の衝撃波はヘビースタンダーを無視して強制的にのけぞらせるという強力な性能を持っている。
  • 発動時の衝撃波は武器に関係なく一定時間の強制のけぞりが発生し、ランクに応じて大きくのけぞらせることができる。この衝撃波には敵のAIを強制的に移行させるという非常に珍しい効果がついており、ウインドミルやクリティカルヒットによるAIリセットとは別*2
    • さらにこの衝撃波を受けた敵は短時間の間、次に受ける攻撃が近接攻撃であった場合に追撃ダメージが増加するという状態異常になる。これにより攻撃の起点としてカウンターやディフェンスのような防御を崩しつつ、またアタックやスマッシュのような攻撃を抑えつつ、こちらの次の攻撃を強化するという攻撃強化の側面を持つ。
    • また、凍結や拘束のような特殊なやられ状態でないかぎり、攻撃を受けている状態からでも瞬時に相手の行動を封じて攻守を入れ替えるという逆転性能も持っている。相手を硬直させつつ今行っている行動を強制移行(スキップ)する特性により、相手は何らかの形で行動の変更を余儀なくされる。もちろんその変更後の行動によってはさらに窮地に陥ってしまう可能性もあるが、反撃の隙を見せてくれば良し、少なくとも現状脱出には働く。
  • 弱点はクールタイムの微妙な長さと、範囲攻撃ゆえの全方位への無差別な攻撃。
    • ウインドミルは準備時間はあるものの短めのクールタイムとなっているため使い分けが必要になる場面もある。ウインドミルは敵を吹き飛ばしてしまうがレイジインパクトはのけぞりだけなので味方の邪魔をしないが、AIの強制移行によって予期しない行動を誘発してしまうこともある。また、子守唄のような無力化スキルがかかっている敵を叩き起こしてしまうという点はよくよく気をつけておきたい。
    • 一方、人形術格闘術のような強力な範囲物理攻撃や高い倍率を持つスキルとの相性は非常に良い。また、デュアルガンスキルはレンジアタック判定だがクロスバスターのみ近接攻撃となるため、レイジインパクトから繋ぐなどもできる。
    • もちろん戦術スキルとの相性は言わずもがな。隙のあるスマッシュの始動に使えば確実に強力な一撃を見舞うこともできるし、バッシュの連打中にヘビースタンダーで割り込まれてしまった際などにもレイジインパクトで反撃を押さえ込むなどの強引な使い方も可能。戦術武器だけに武器切り替えの手間がないところもポイント

備考 Edit

  • 総じて強力なスキルだがクールタイムがボトルネックとなってやや回転が悪く、寝かせて叩くという戦術とは相性が良くないため慣れが必要。AIスキップの特性も加味すると、考えなしに連発すればいいというスキルではない。
  • しかし、C3以前の優劣関係のスキルを出し合う「じゃんけん」の対応型の戦闘と異なり、現在は次々に強力なスキルを繰り出して行く圧倒型の戦闘となっているため、使うべき状況をしっかりと見極めれば非常に強力であり、その出番は少なくないはず。




*1 練習用木刀など一部の武器が例外として使用条件を満たさない
*2 AIリセットは行動の手順を初期値に戻す効果。そのため初手が様子見になることが多い非のけぞり系のボスモンスターに対して極めて強力であるが、このAIの強制移行は「現在行っている行動を強制的に次の行動に移行(スキップ)させる」もので、厄介な攻撃をスキップさせて有利に戦闘を運ぶことも可能だが、スキップさせた結果厄介な攻撃を誘発してしまったりなど、非常に難しい。