Top > リストア
HTML convert time to 0.009 sec.


リストア

Last-modified: 2017-01-31 (火) 20:20:06

リストア【りすとあ】(Skill) Edit

  • 格闘術スキルのひとつ。
    ひざまずいて全身に気を巡らせ、自身のライフとスタミナを急速に回復する。
    ランク9からは解毒効果も発動することがある。効果時間は5秒、クールタイムは120秒。後述するペナルティ時間は180秒とされている。
    なお、負傷を回復する能力はない。
  • 格闘術クエストで習得する。特にアナウンスやチュートリアルはなく、気がついたらスキルリストに入っている。

概要 Edit

  • 休憩スキルと異なり、ごく短い時間でライフとスタミナを回復する。しかし、座っている限り効果のある休憩と比べると、長いクールタイムと後述する「気の乱れ」によるペナルティをどの程度重視するかによって評価が分かれるだろう。
  • リストア直後に錬金術や魔法を使うと、ライフ・マナ・スタミナが全て1/4減少するペナルティが発生する。
    これは「全身の気が安定していないため、気にズレが生じるから」という理由で、スキルを準備しただけではペナルティは発生せず、「使用する」ことで1回だけペナルティが発生する。ペナルティが発生した時点でこの「気の乱れ」状態は解除される。
  • 約5秒の無防備な時間があるため戦闘中に気軽には使いにくく、クールタイムのわりに最大で100に届かない回復量と、現状では使いづらい。
    • キン斗雲忍耐の歌が実装されてからは、定期的にそちら側を使った方がデメリットが少ないため、ほとんどお払い箱と化してしまった。
    • 肝心な解毒効果もペガサス?バーサークなど、比較的デメリットが低めな解毒手段が実装されてしまったため、さらに隅っこに追いやられてしまう。
    • さらに追い打ちをかけるようにリストアのマナバージョンのマナリカバリーが実装されたことで、マナの心配をせずにパーティヒーリング(自分に使ってもスタミナが消耗しない)が使用しやすくなり、スキル自体もデメリットがほとんどないので使い勝手がとても良いため、リストアに対する視線が酷く冷たいものになってしまいっている。
    • そしてトドメをさすかのようにジャッジメントブレイドに「聖なる活力」という攻撃と同時にスタミナの回復もでき、CTも20秒と短く、最大回復量はリストア以上で、発動した瞬間に回復するサブスキルが実装される始末である。
      • もはやリストアではなくリストラである。
    • 才能マスタータイトルの取得にも必須ではなく、練習ランクからFランクを修得する3APすらも無駄とまで言われてしまう始末。かつては使い物にならないスキルや武器を「○○界のサンドバースト」と呼称することがあったが、ZEROアップデートによって飛躍的に強化されたため、最近では「○○界のリストア」と呼ばれる向きがあるとかないとか…・・・。
  • スキルのキャンセルは可能で、即座に行動を中断できる。回復はその時点で終了するが、クールタイムとペナルティは発生する。