Top > メイス
HTML convert time to 0.004 sec.


メイス

Last-modified: 2013-04-09 (火) 14:10:12

メイス【めいす】(武器・武器の種類) Edit

特徴 Edit

  • 改造を施しても激的な変化は無いが、バランスが維持しやすい(強化しやすい)上に最大攻撃力が伸びやすいという特徴がある。
    言い換えれば全体的に性能が底上げされる、とてもバランスが良い武器。
  • ダメージ幅が広がりつつも、バランスを強化することでダメージの安定性を保つという改造が可能。
    高い攻撃力と、適度のバランス、そこそこのクリティカル率と隙が無いため、バランスが低い初心者〜中級者くらいまでで無理なく持てる鈍器類の中では非常に強い。
  • 反面、バランス以外の面では他の鈍器類の方が明らかに強いため、アタックDexの上昇によりバランスが確保できてくるようになると他の武器に乗り換えたほうが良い。
    • あまり育ってないキャラクターでも性能が引き出しやすく、使いやすい。
      鈍器におけるグラディウスのような存在である。

  • 最大攻撃力を上げるようとすると勝手にバランスが上がる改造式になっているため、
    どちらを重視して改造を行っても強化されて美味しい武器。
    一級品(バランス-12)を利用して最大特化改造をしたとしても勝手にバランス61。
    かつて「反則」と呼ばれただけのことはある。
    • 鍛冶で作成したくても図面がペッカダンジョンの敵のドロップなので、作成が思いのほか困難。
      その為、バランス80を保てるプレイヤーは現物のドロップ品を好む傾向にある。
  • ただし、耐久減少改造である「トレボー式」を導入しない場合、バランス特化改造を施さない限りはバランス80到達にDEX170以上という、若干高めのスペックを要求される。
    • 低バランスは鈍器のジレンマではあるが、最近はアタックボーナスによるバランスの改善などもあり、それほど神経質になる必要もないか。
  • 精霊化した場合、片手武器の中ではトップクラスの最大攻撃力を誇る。
    鈍器を精霊化したいプレイヤーはメイスを候補にする事が多い。
  • 一時はキア中級の報酬である「荒激」付きのメイスがお手軽に入手できて高い性能を持っており、一強とも呼べるほど人気があった。
    しかし、プレイヤー火力のインフレ、二刀流の実装、他鈍器類の新規改造追加などでだんだんと廃れていき、今ではあまり見かける機会のない武器となっている。
    • 残念なことに改造も実装後からほとんど変化がなく、後々各武器に追加された宝石改造特殊改造?も相性の良くない改造となっている。
  • 初心者の手になじむまで使いこまれ、そして脱初心者とともに別れを告げるといった、数々の出会いと別れを演出してきた本装備。とはいえ、よほどの逸品に相当なエンチャントや細工でもしない限り、ハード難易度ではさすがに荷が重い。
    それでもカバンの片隅に、お守り代わりに持ち歩いている鈍器愛好家は少なくないという。
  • なお、ジャイアント用を除いた鈍器類の中では、修理費は実はやや高め。
    もともと鈍器の修理費は安いほうなのであまり気にすることもないが、修理費アップのエンチャントなどを貼って、あとで目が飛び出るような額を要求される話も時々聞く。

Category:鈍器