Top > マンボウ
HTML convert time to 0.003 sec.


マンボウ

Last-modified: 2016-09-21 (水) 04:40:34

マンボウ【まんぼう】 Edit

  • フグ目マンボウ科の硬骨魚。漁船やベルファスト島等で釣ることが出来る。
    釣れる確率はそれなりだが、サイズのばらつきが大きいためなかなか☆5サイズが埋まらず、釣り人の間ではダークホース的存在として知られる。
  • いろいろな場所で釣れるため、気がついたら釣れていたという認識だが、☆5サイズを狙うとなるとそう簡単にはいかない。
    • もっとも、他の魚に関しても☆5サイズはそう簡単に釣れるものではないのだが・・・。
      • ☆5を狙う分には、いろいろな釣り場で釣れるという部分がかえってデメリットとなっている。
        釣る機会が増えるが、代わりにマンボウそのものを釣る機会というのは減ることになってしまう。
  • 料理失敗という惨劇過程を経てボーンマリンシリーズの素材となるアイテム(ホネ)が手に入るため、少しは需要がある。
    • …なのだがこのホネ、どう見てもマンボウの形ではない。

現実世界でのマンボウ Edit

  • 現実のマンボウは皮膚に夥しい量の寄生虫が付着している。
    また前述のようにフグの仲間であり、稚魚はトゲがたくさん生えたハリセンボンのような姿をしている。成長するに従いトゲがなくなり、身体も縦に平べったい形になる。
    • フグの仲間ではあるが毒はなく、食用になることもある。刺し身や唐揚げにして賞味されるが、あまり美味しくはないようだ。
  • また産卵数が非常に多いことでも知られており、その数たるや何と数億個にものぼる。ただ、その中で成体まで成長できるのはほんの僅かである。
    • 英名はSunfish(太陽の魚)。海面に横になって浮いている姿が太陽を思わせることから。
      これは寄生虫を海鳥に食べてもらうため・単なる昼寝などさまざまな説があるが、詳しい理由はわかっていない。
  • 2015年11月19日に絶滅危惧種としてレッドリストに登録されてしまった。決して後述の最弱伝説のせいではない

余談 Edit

  • ネット界隈でマンボウといえば「最弱伝説」で有名だが、例としては
    • 小魚を食べたら小骨が刺さって死ぬ
    • 海面にジャンプしたら着水時のショックで死ぬ
    • まっすぐにしか泳げず岩に激突して死ぬ
    • 仲間がいなくなると寂しくて死ぬ
    • 肌が弱いため直射日光で死ぬ
    • 寒さに弱いので海底に潜って死ぬ
    • 水中の泡が目に入ったストレスで死ぬ
    • 肌が弱いので手で触れただけで死ぬ
  • ……といったス○ランカーもびっくりの凄まじい弱さで知られているが、実際はほとんどが誤解なのだという。
    小魚を食べたら小骨が刺さって死ぬというのは実際にあるらしい*1が、さすがにここまでは死なないらしい。また、普段はふーわふーわと海中を漂うように泳いでいるが、エサを食べるときは機敏に獲物を捕らえる敏捷性も備えている。
  • これらの最弱伝説は、マンボウが数億という卵を生む割にあまり生き残れない=生物的に弱い=すぐ死ぬ、と関連付けられた都市伝説の一種なのだそうだ。
    • もっとも産仔数が多い生き物の生存率が低いのはマンボウに限ったことではないのだが…。
      逆に言えば生存率が低い=数で勝負、ということでもある。戦いは数だよ!





*1 内蔵が弱く消化能力が低いため、普段はクラゲなどを食べている。ただしこれは他の魚でも多く見られることなので、別にマンボウに限ったことではない。