Top > マーリン
HTML convert time to 0.009 sec.


マーリン

Last-modified: 2017-04-30 (日) 23:41:35

マーリン【まーりん】(NPC) Edit

  1. ラノ地方漁港にいるNPCペトラ運送の航海士。
  2. 英雄才能のひとつ、及びその名称の元になった少年。

本項では両者について記述する。

航海士マーリン Edit

Myrddin


Myrddin.jpg

  • ペトラ海運の航海士。
    通称「一番影の薄いNPC」。
    • 後述する同名の英雄の登場に伴い、ますます影が薄くなってしまった。
  • 常に髪やスキンケアを心掛けており、フキダシ文や非該当キーワードの際からもその事が伺える。
  • とあるキーワードで会話すると馬鹿にされる。
  • コワモテの女性は好きではないらしい。
  • アーサー王伝説で有名な魔法使いと同名だが、そっちのマーリンとは全くの別人のようだ。
    • ひょっとすると「海=マリン」に因んだネーミングだったのでは、とお疑いになった人もおられるかもしれない。
      が、彼の名前の綴りをよく見てみよう。「Myrddin」である。「Marin」ではない。
      残念ながら(?)、彼の名前の由来はほぼ間違いなくかの魔法使いである。
      • 余談ながら、Myrddinというのはアーサー王伝説のマーリンのモデルとなった人物の綴りでもある。狂気に陥った予言者として知られ、自分の死を正確に予言してみせた事で有名なのだとか。
    • なお後述するマーリンの綴りは「Merlin」であり、これも由来は同じ。

♪BGM「私だけのあなたに愛を」

英雄マーリン Edit

Merlin.jpg
マビノギ:零(ZEROアップデート)で実装された英雄才能のひとつで、その元となった天才魔法士。
NPCとしての初出はイベントフィールド「恋咲島」。

伝説の天才魔法使い

「マーリン」は、100年に一人生まれるか生まれないかの天才で
生まれつき持つ能力のおかげで、苦労を知らずに育った。
常に自身に満ち溢れており、自分に出来ない事はないと思っている。
そんな彼は、かなりイタズラ好きなところもあり、彼のそばにいると
想像もできない奇抜なイタズラを、身をもって体験する事ができるらしい。
(そのためか、人々は彼の姿を見ると、すかさず逃げるという。)

「マーリン」は、成人になる前に現存する全ての魔法をマスターした。
この天才少年の噂はみるみるうちに広まり、王城は彼の能力を認めてドルイドに任命した。
任命後しばらくは大人しく王城の業務をこなしていたが
時間が経つにすれ、繰り返される退屈な日常に飽きてしまい
真のドルイドに至る道を探すと言い残し、旅に出た。

彼が旅立って以来、姿を変えたのか、彼の姿は忽然と消え
「マーリン」という名だけが、まるで伝説のようにエリンの人々の間で言い伝えられている。
たまに、とある幼い少年が魔法を自由自在に駆使し、危機に陥った人々を助けた
という話もあるが、その少年が「マーリン」なのか、それともまったく別人なのかは
誰にも分からない。
果たしてその真偽は如何に?
(公式より)

  • 第一の英雄。魔法、治癒、調合の三つの才能にボーナスを得られる。またこれら全てがマスター階級になると隠し才能タイトル「ドルイド」を獲得できる。
    The Drama IRIA シーズン2では準主人公的なポジションをつとめる。
  • 不敵な笑顔が印象的な青年。彼が登場して約1ヶ月の間、マビノギのログイン画面背景として居座り続け、良くも悪くもプレイヤー達に大きくその存在感を印象付けた。
    • 結果、ついた渾名が「どや顔の兄ちゃん」。実際物凄いどや顔だが、腹立たしい事にそれに見合うだけの功績を残しており、彼自身の実力も想像するに難くない。
    • そのどや顔から「ヤンキーの兄ちゃん」と呼んでいるミレシアンもいたという。確かに見た目はそう見えなくもないが…。
  • 彼の才能を選ぶことで、通常であれば習得が非常に困難なメテオストライクムービングキャスティングインスタントキャスティングといった高度な魔法スキルを即座に獲得出来る。
  • 公式のイタズラ小僧設定やイラストから受ける印象からはイメージしにくいが、シリエン魔法ナックル、各種マイクガードシリンダーなど、数々の画期的な新装備を設計・開発しており、エンジニアとしても活躍している。
    • これらの発明品が無ければ彼に続く英雄の大成は有り得なかっただろう事を考えると、その功績は計り知れないものがある。
    • 天才肌の悪ガキな設定がなされているが、便利な装備品を開発する探究心、アリアプロフェッサーJのために専用の装備をしつらえたり、マスターシェフの要請に応じて彼の料理道具の複製に携わる思いやりなどを考えると、意外とイイヤツなのかもしれない。
  • その自由奔放な性格から、厳格な性格のプロフェッサーJとの折り合いはあまりよくない様子。
    プロフェッサーJからアリアの成長の妨げになるのではないかと危険視されてしまっているとのことだが、彼本人はどう考えているのかは明らかでない。
    • 後述のボイスドラマではアリアを巡ってプロフェッサーJと対立しているという設定になっている。
      互いに相手をアリアのストーカー呼ばわりしているが、ハッキリ言ってどっちもどっちである。
  • 恋咲島ではアリアを振り向かせようと必死にアピールしているが、彼女が桜に心を奪われており振り向いてくれないため「桜なんか全部燃やしてやる」などと物騒な発言をしている。やめなさい。
  • 公式では「マーリンのミレシアン説」なども囁かれているという設定になっている。
    これはマーリンの才能を身につけたミレシアンとマーリン当人とが混同されている事への言及と考えるのが妥当だろう。
    • しかしその優れた能力や、謎に包まれた彼の生い立ちを考えれば、何度も転生を繰り返し、多くの魔法を身につけたミレシアンという可能性もなくはない(近頃は必ずしもミレシアン=プレイヤーキャラクターという訳でもないようであるし)。
      実際、史実の偉人がミレシアンとしてマビノギに登場した例もあるので、かのアーサー王伝説に登場する若き日のマーリンその人という事も考えられる*1
  • ボイスドラマ「まびどら!」にも出演している。CVは柿原徹也氏。
  • 韓国サーバーでは韓国語名表記が「ミュレン」となっており、上記のマーリンとは被っていない。
    日本サーバーではそのまんま「マーリン」で完全に被っている。
  • 「秘密だらけなお菓子の島」では「アリアと一緒に来れば良かった」と言いながらあの人と登場。特殊な嗜好を持つ一部プレイヤーの関心を寄せている。
The Drama IRIA シーズン2ネタバレ

元ネタ Edit

  • 既に言及されているが、アーサー王伝説に登場する魔法使いとして最もよく知られたマーリンがモデルであろう。
    • 実はブリテンに伝わるマーリンというのは複数人いるらしく、そのいずれもが魔法使いや予言者、あるいはそれに準ずる知識を修めた賢者として知られている。故にアーサー王伝説の成り立ちも含め、本当の意味での「元ネタ」を辿るのが困難。
      • そのせいなのか何なのか、名前の綴りがMyrddinだったりMerlinだったりMerlynだったりと、どうもはっきりしないようだ。もしかすると、そのおかげでマビノギにおいて二人目のマーリンが登場できたのかもしれない。
        まだ「Merlyn」が余ってるので、三人目が出てきても安心である(?)。
      • 何にせよ、「超凄い魔法使いの代名詞」である事には変わりない。
  • 人間の母親と、夢魔の父親との間に生まれるという特殊な出自を持つ*2
    そのため父親の血によって邪悪に染まることを懸念した母の手により、生後間もなく教会へと連れられた。
    そこでマーリンは穢れを払ってもらうのだが、人外の力は変わらず残り、その力を以て偉大な魔法使いとして名を残すのである。
  • 女に騙された挙句塔に幽閉されて悲惨な最期を迎える、というのが締まらないところ。まあそもそもアーサー王伝説自体、主要キャラの多くがろくでもない運命を辿るのだが……。
    • ちなみにその女性とはアーサー王の異母姉モルガン・ル・フェイ。つまり我らが女神モリアンのモデルとなっている女性である。
    • なお、このマーリンの最後について、「アヴァロンの塔に幽閉され(アーサー王の臨終の地)死んでもなお魂はとどまり、永劫幽閉される」という説もある。「アヴァロンで最後を迎えた or いまなおそこにある」「人間と何者かの混血」というキーワードから、G20で登場した初代騎士団団長がこれに対応している可能性がある。





*1 まあアーサー王伝説は史実ではなくフィクションなのだが。
*2 父親の種族については諸説あるようだが、人間ではない事は確かなようだ。