Top > ペット
HTML convert time to 0.008 sec.


ペット

Last-modified: 2014-10-29 (水) 20:11:03

概要 Edit

  • ネクソンポイントにより購入する事が出来るペットカードにより作成された動物型の容姿を持つ操作キャラクター(PC)のこと。G2S2に実装された。類似の特徴を持つパートナーについては該当の項目を参照。
    • G14EXのアップデートよりシステム上の名称が「同行キャラクター」に変更された。
      後に一部が「ペット」に戻ったがパートナーと共通する部分については上記名称となっている。

特徴 Edit

  • プレイヤーキャラクターでログイン中に召喚することが可能なほか、ペットキャラクターでログインしプレイすることも可能(このことを「ペットログイン」と称することもある)。
    • ペットログインによる制限として、大多数のNPCと会話できない(他のプレイヤーとのチャットは可能)・他のペットを召喚できないなどがある。逆にペットで話しかけないと会話の出来ないNPCもおり、一部ではクエストのためにペットログインする必要がある。
      また、会話が出来なくともプレイヤーキャラでは聞くことの出来ないセリフを喋るNPCもおり、思いがけない一面を見ることができる。
    • 召喚・ログインともに時間制限がある。
      ペットごとに時間は異なるが、おおむね1時間半〜2時間程度が多い。
      時間切れ5分前と1分前には画面上にテロップが現れ、残り1分を切ると姿が半透明になる。
      特にペットログイン中はテロップでしか残り時間の確認ができないため、不意の時間切れには注意しよう。
      これらの時間は現実時間の午前7時にリセットされる。
  • プレイヤーと同じく転生する事が可能で、作成から1週間経過していれば転生ができる。
    • 転生するとスキルレベル以外は引き継げないため、転生することのメリットはない。
    • しかしスキルを引き継げるという点を利用し、採集可能ペットのマナ強化や強いペットを作り上げる際の下地として転生を使う場合がある。
      • ただし、別種のペットへ転生すると使えなくなるスキル(スキルとランクは残る)もあるため、戦闘向けのペットを考えている場合は特に注意が必要である。
  • MMOとしては珍しくAIを組む事が出来る・・・が、細かい設定が出来なかったり、細かく指定する際は、文で打たなければならない難点がある。
    しかしAIによるサポートがあれば、ソロでも決して寂しくない・・・はず。
    • しっかり育てたペットにAIを設定すると自分より強いなんてことも。
      ただし多タゲだけはどうしようも無いことが多い。
    • 召喚したペットのスキルもショートカットに登録することができ、プレイヤーのように立ち振る舞う事も一応可能である。
  • 成長方法はプレイヤーと同じく加齢とレベルアップだが、スキルに関してはプレイヤーとは違いレベル制でペットごとに違ったスキルを覚える。上限は基本的にランク6だが、それ以上になるペットも一部存在し、ポイントショップアイテム「ペット訓練キット」を用いることで更にランクを上げる事も可能。
    • 訓練キットではランクを上げられる一方、ランクの下がる場合もあるので利用は慎重にすることをお勧めする。
  • ペットは同一の種類であっても個別化のために色合いが微妙に異なるよう、作成時にランダムで設定される。
    明らかに色が反転するようなことはないが、イーグルを例にすると羽毛が黒っぽいものから焦げ茶のような色の違いが見られる。
    • G11より一部ペットは色選択ができるようになった。
      こちらは作成時にあらかじめ用意された色から選択するようになっており、ペットごとに選べる色が決まっている。
  • ただの荷物持ち、ミサイルとしか見ていない人も少なからずいるが、どのペットも非常によく作りこまれている。造型や特徴は勿論、しぐさや挙動なども、相当なこだわりを持って作られていることがわかる。最近では特殊なペット(一部ペットとは呼べないようなものも……)が中心となっており、これまでのような現実世界でも見られる動物達の新規登場も期待されている。
    • たまには何もせずにペットと触れ合ってみよう。

ペットの入手 Edit

  • ペットはプレイヤーキャラクターと同じく公式Webサイトのショップでペットカードを購入し、ゲーム内で作成することで得られる。
    • そのためペットを増やすにはネクソンポイントを用意する必要がある。
      ゲーム内では移動手段や収納場所として欠かせない実用品になるだけに、選択は慎重に行おう。
  • 最も安いのは250ポイントの柴犬で、対する最高額はサラブレッドの950ポイント。
    ただし、期間限定発売のペットではこれより高額なものも存在する。
    • 柴犬は日本のみ格安設定。
    • 期間限定を含めた最高価格はG15までの時点でサンダードラゴンの1,390ポイント。
      • G16までの時点ではタンデムサンダードラゴンの1,440ポイント。
  • 一部のペットはイベントなどでのみ入手できるものもいる。
    この場合は笛の形で入手し、使用することでペットが作成される(ペットカードなどは生成されず、笛から直接作成される)。
    それらのペットはその性質上、他のペットからの転生はできない。ペットに転生は転生することはできるが、一部のペットはこれらの転生先にも転生元にもできない特殊なものも存在している。
    事実上、無料で入手ができるため費用効果は無限大である。もちろん、手間という機会費用は安いとはいえないものもあるのだが。
  • このほか新規作成したアカウントに対し、三種族共通の「ナオの紹介状」から始まる一連の初期クエストを進行することで初心者用サラブレッドの笛、初心者用イーグル?の笛をひとつずつ入手できる(1アカウント1回限り)。
    • この初心者用ペットは使用期限はなく、召喚時間や能力は通常のペットと全く同等であるが、その仕様上ペットのカラーを選択することが出来ない。また、ペットインベントリが存在しない。荷物持ちにはならないが、ペットミサイルや移動にと、初心者にとってこのうえない強い味方となるだろう。
      • 7日間限定サラブレッドというものもある。これもインベントリが存在しない。

ペットの種類 Edit

  • ペットは基本的に犬や猫などの動物であるが、ほうき絨毯といった非生物などもある。
    動物の中にもハーブや牛乳などが採集可能なものやパラディンダークナイトに変身できる種類のもの、空を飛んで移動できるものなど様々な能力をもったものがいる。
    • 公式ショップで用いられる分類(G15時点)
      一般 採集 収集 アンサンブル 変身・成長 騎乗 踊る

現在のペット事情 Edit

  • 2013年6月27日、先だって予告されていたペット販売ラインナップの大幅な変更が行われた。21種類の常時販売と3種類のパートナーキャラクターを除くペット達の販売が終了。以降は高額な期間限定ペットを中心に、これまでのペットは限定再販やイベントでの入手といったものへと変更、マビノギの特徴のひとつでもあったペットの種類の豊富さという面で大ナタが振るわれた。
    これには賛否両論あり、確かにペットの種類が非常に多くなり、煩雑かつ肥大化し続けていたことも事実。またコンテンツが高度化・困難化している現在では、有用性で突き詰めていくと「個性」はあまり意味のないものとなってしまっていたためである。一方で、その無駄とも思える膨大な量のペット達に魅了され、ついついあれもこれも飼ってしまう……という動物好きのプレイヤーには、購入費用や管理の面で悩ましいと同時にひとつの楽しみかたでもあった。効率化によってこの多様性をスポイルしかねないのではないか、という意見もまた当然ではある。
  • これらの問題は同時には解決しえない問題点ではあるが、そのあたりはネクソン運営チームにお願いするしかない。
    • 「今しか買えない」というプレミアム感を演出することで、迷ってる人を後押しするという意味では商売上手である……。どうせ迷っているのならあとで後悔しないよう、この際ネクソンの策にあえてはまってしまうのも手ではないだろうか。

関連項目 Edit