Top > ブリューナク
HTML convert time to 0.046 sec.


ブリューナク

Last-modified: 2017-05-12 (金) 15:55:28

ブリューナク【ぶりゅーなく】 Edit

  • ケルト神話における四種の神器(石-リアファル-、釜-ダグザの大釜-、剣-クラウ・ソラス-、槍)の一つの槍にして、「貫くもの」の意を持つ神槍。太陽神ルーの所持品。
    5つに分かれた穂先を持ち、それぞれの穂先で5人の敵を同時に屠ったなどと言われる。
    他にも投擲すると稲妻と化して飛んでいき手元に戻ってくるとか、もしくは手にした者に必勝をもたらすとか、色々な能力・加護を持つ。
  • 実は原典においては「ルーの槍(四種の神器の槍)=ブリューナク」とする事実は存在しない。確かにルーはガエ・アッサルやアラドヴァルといった曰く付きの槍を何本か所持しているが、そのなかにブリューナクと呼ばれるものはなく、また「四種の神器の槍」は英語圏では単に"Lugh's Spear"や"Spear of Lugh"と呼ばれている。
    現在広く知られているブリューナクは、要するにこれらの槍の設定を一纏めにしたものであり、本項の記述もこれに倣っている。
    • ブリューナクという名前の正確な由来は不明。一説によれば日本のゲーム関連の書籍における創作設定が元であり、それが翻訳本を通じてアジア圏に広まったと言われる。
      • 実際大衆向けのフィクションとして考えると「ちゃんとした名前や特徴がないと締まらない」というのは割と深刻な問題なのであるからして、このような誤解(というと語弊があるが)が広まったのも自明の理ではある。
    • こうしたごった混ぜの影響なのか、ブリューナクが槍ではなく投石機や投槍機とされる場合もある。
      原典には「タスラム」という特別なスリング弾があり、これでバロールを討ち取ったとされているのだが、この時使われたのがブリューナクだった、とする新解釈もあるとかないとか。
      まあ基本的には槍だと思っておくのが正しそうではあるが。
    • ちなみにクラウ・ソラスも同じような形で原典にはない設定が色々と付加されている。
  • マビノギにおいてはメインストリーム関連アイテムの一つ。言うまでもなく元ネタは上記ケルト神話である。
    本作における詳細な設定は下記ネタバレを参照のこと。
    • G11以降のムービーでこれを使うシーンがいくつかあるが、弓と矢を装備した状態でそういったムービーを見ると穂先が矢のような形になってしまう不具合がある。そのダサさたるや筆舌に尽くしがたい。

ネタバレ

外部リンク:WikiPedia.ja:ブリューナク