Top > ブラン
HTML convert time to 0.003 sec.


ブラン

Last-modified: 2013-10-20 (日) 12:14:42

ブラン【ぶらん】(Boss) Edit

概要 Edit

  • エイヴォンの看守グリムリーパーと同じように非のけぞり・非ダウン属性持ち、移動は鈍重だが少々の攻撃などものともしない。一撃一撃の攻撃力は非常に高く、強力。
    1. 腕ぶん回し(仮称)
      ジャイアントの胴回りほどもある豪腕で前方180度をなぎ払う。近接攻撃としてはやや広く、真後ろは完全な死角となっている。事前動作がほとんどなく、非常に見切り難い。攻撃を受けると大きく吹き飛ばされ、膝を突いて2〜3秒動けなくなる。幸いブランは攻撃の回転が遅いため、一気に畳み掛けられることはほとんどないが、取り巻きのモンスターや、対処によっては戦闘不能になりかねない。
    2. 角突進(仮称)
      地面を両手でつかんで頭から突進する。事前動作が大きく、腕ぶん回し対策としてたいてい背後で攻撃することが多くなる関係でそうそう当たるものではない。しかし、全身が攻撃判定になっているため、発動時に攻撃をしているとダメージ判定に巻き込まれたりすることもある。ヒット時はふきとびダウンになる。
    3. 衝撃波(仮称)
      右腕を高く掲げてから強烈に地面を打ちすえて全方位に衝撃波を放つ。威力、攻撃判定ともに非常に危険な技。ワンドを用いた魔法か遠隔武器でもなければ、安全圏からの攻撃はほぼ不可能といっていい(ゴーレム錬成なら可能だが、本体が当たらない場所でもゴーレムは被弾してしまう)。非のけぞりの特性があるため、中断させることもできない。
      タフさを盾に連発されると厳しいだろう。しかし、距離によってダメージが大きく減衰し、至近距離だとヘタな近接では即死級の大ダメージを受けてしまうこともある。反対に攻撃範囲ギリギリの場所ではかすり傷程度になることもしばしば。どうしてもというときは変身や半神化で回避するか、悪あがきでバックステップなどの距離を離すスキルを使えば多少は被害を抑えられる。
    4. 咆哮(仮称)
      口の端から煙を吐きながら周囲を威嚇するように吠える。これ自体は何の効果もないようだが、直後にスキルを使ってきたり、攻撃の合間に挟んでくるなどフェイントをかけてきたりする。警戒するものでもないが、あの恐ろしい風貌で獲物を見定めていると思うとぞっとする。
  • なお、これらブランの攻撃にはすべて負傷がない。グリムリーパーのようにダメージ+継続ダメージのような軽減策のない効果もない。よほど力押しでポーションをがぶのみしてポーション中毒にでもならない限りは単体では負ける要素がほとんどないといっていい。
  • かつてはグールやゴースト等の強力なモンスターを従えた凶悪なボスであったが度々下方修正を受けて弱体化されている。
    • 実装当初は移動速度が現在よりも遅く、しかも頻度も低く、攻撃もほとんど行わない、というぐーたら看守の烙印を押されており、「ブランが召喚する取り巻きこそがラスボスだ」と言われていたほど。
      • 実際取り巻きのグールのウィンドミルやゴーストの魔法攻撃などのほうが凶悪であり、本体の攻撃は動き回ればほぼ当たらなかった。
      • 死者の軍団を従えている様は恐ろしい地獄の獄卒といったものであったが、後述するようにその軍団は出現しなくなった。
  • あまりにぐーたらなため見放されて人員不足に陥ったか、G14S2で再召喚されないように修正された(最初から登場している取り巻きは通常通り)。
    それに発奮したかブランの移動頻度が大幅に上がり、以前のような「射的」「トレーニング埋め用ボス」「熟練溜め用看守」といった不名誉な呼ばれようはなくなった。
    • しかし攻撃頻度はあまり高くされておらず、やはり一発の威力は注意が必要ではあるが、基本的には後ろに回りこんでアタックしているだけで倒せてしまう。それでいいのかラスボス。
  • 後の2012年4月アップデートにおいて、そもそも取り巻きが全て削除され(召喚もしない)一騎打ちとなった。
    • このアップデートで生命力・攻撃力も大幅に削られており、真正面から殴りに行っても容易に倒せるプレイヤーが出てくるなど弱体の一途を辿っている。
  • その後2013年3月のアップデートで更に弱体化が入りという追い打ちがあり、現在は完全に見かけ倒しである。
  • G14、G15、演劇ミッションと登場するが、基本的には取り巻きを倒してしまえばあとは同じ。執念深いが学習能力はあまりないようである。
    • …つまり、取り巻きが完全削除された現在はただの体力が多いだけの敵ということである。
  • しかしながら、ブラン戦があるロミオとジュリエット第5幕2場の演劇ミッション報酬経験値は据え置きであり大変お得感がある。
  • 非常にゆっくりとした足運びのため位置情報の更新が微妙に遅く、サーバや時間帯、攻撃方法によってはものすごい位置ズレを起こす。
    プレイヤーが移動時に短い距離をクリックすると、向きを変えずにピクピクと痙攣しながら動くように、ブランも前に歩いていったと思ったら後ろに戻ってきていたり、後ろにいるのに腕ぶん回し攻撃が当たったりなど、頻繁に起きる現象こそが最も注意が必要だろう。
  • グリムリーパーと同じく、エイヴォンの守護神の一人。G16で三人目のメロウが登場し、最後の一人の登場を待つ。
    しかし戦闘力でいうと今のところ最弱といっていい。四人目がいかなる人物であったとしても、これ以上弱い守護者というのは・・・。
    • クク・・・奴は我ら四天王の中では最弱・・・
    • C4ストーリーが打ち切り漫画の如く強制終了された為、残念ながら最後の守護者は登場しそうもない。
      一応4人とも倒したソードマスター○マトの方がマシである
  • よく見ると左右の指が5本ずつある。
  • ちなみにブランとはゲール語で「大鴉」を意味する言葉で、マビノギ四枝の「リール(スィール)の娘ブランウェン」にもブランウェンの兄、ブランとして登場する。嫁ぎ先のアイルランドで恥をかかされ冷遇されていた妹ブランウェンを救うべく、その巨大な体躯を生かして海を歩いて渡った……という一節がある。(ちなみに家臣達はその横を船で着いていったそうな)
  • かのアーサー王が死後転生した姿も大鴉(ブラン)だとされている。

♪BGM「エイヴォンの看守長」Boss_Fran

  • G13グリムリーパーと同じくBGMが流れない不具合があった。さらにG14S2〜3ごろのアップデートでは曲データ自体が削除されてしまうという問題まであり、ゲーム内で普通に聞けるようになるのはG15になってからであった。