Top > フォーティンブラス
HTML convert time to 0.004 sec.


フォーティンブラス

Last-modified: 2013-07-25 (木) 17:55:09

フォーティンブラス【ふぉーてぃんぶらす】(NPC) Edit

Fautinblus.jpg

  • G13ハムレットに登場するノルウェーの王子。正確には「フォーティンブラス2世」。
    • 原作では最初の登場が劇が始まって2時間以上後、しかも出番は2回しかなく、一回目は通り過ぎるだけ、二回目はラストに登場するのみという、ある意味目立てない役である。
    • 原作ではラストにハムレットの遺言をホレイショーから聞き取り、王家が全滅したデンマークの新しい国王となる。
      • 事実、デンマークは13世紀頃の一時期ノルウェーと同君王国(同じ王が治める国家)となっていた。
  • クィリン居住区に彼の中の人がいる。
  • 演劇ミッションで「フォーティンブラス征伐」というものがあるが、あくまでも「フォーティンブラス達が到着するまでの戦闘」であり「フォーティンブラスをフルボッコにする」ミッションではないのでご注意。

フォーティンブラス征伐【ふぉーてぃんぶらすせいばつ】 (演劇ミッション) Edit

  • このミッションこそ、現在(2010/11/19)ある演劇ミッションの中で最も難易度が高いものとなっている。
    • レネスプレイを彷彿させる民間人の護衛であり、8回に渡る敵の襲撃に耐え続けなければならない。
      初級でさえもソロクリアは厳しく、強力な範囲攻撃(FBLクラッシュショット等)が使える仲間を集めて挑みたい。
      • ちなみにレネスプレイと違い、一人でも民間人が生き残っていればミッションは失敗とならない。が、ふらふらと動き回る敵に合わせて、彼らもふらふらとあちこち動き回るため、気がついたら敵のど真ん中にいたなどはザラである。護衛されたいなら隅っこで動かないでもらいたいものである。
    • 錬金術師垂涎の「スパーク」のESを通常の経路で手に入れるには、G15現在このフォーティンブラス征伐しかない。難易度初級からでも出現を確認されている。
  • 敵の出現数が尋常ではないため、環境によっては非常に重くなる。後半になると軽く20匹以上は敵が沸く。
    ミッションの説明通り、クリスタルを採集する事で攻略の難易度を下げる事が出来るので是非活用したい。
  • スノートロールが編成の中心となっているが、超高速・長距離認識、消極的なAI、ゆったりした打撃、無制限多タゲ、さらにタゲ移りしやすいと、とにかくストレスばかりたまる敵である。しかも当ミッションは民間人=ターゲット対象が7名以上いるため、攻撃を受けたと思ったら背を向けてほかの相手に向かっていったりと、落ちつかない。障害物が多数あるため、引っかかって動かなくなったかと思えば突然別の方向に走り出したりと非常に行動が読みにくい。
    • ほかに出現する敵も、ジャイアントスノートロール、エルシノアゴースト、フェンリルと、とにかく鬱陶しい敵が満載である。
      • フェンリルは当ミッションか一部メインストリームでしか出現しないが、ライトニングボルト、サンダーを所持しているため非常に危険。アタックも強力で、しかもパッシブディフェンスまで持っている。
    • よって、行動を読むよりも力押しで踏み潰していくのがもっとも効率がよい作戦となる。しかし、高難易度ともなればそうもいかず、行きたくないミッションNo.1の座を不動のものとしている。
  • しかし、現在では攻略が進んでおり、実装直後ほどは絶望的なミッションではなくなっている。
    2011/6/23アップデートで敵の襲撃が約半分に(15回→8回に軽減)され、それなりの難易度に落ち着いている。とはいえ、特に作戦を決めないで戦う場合は、依然として要求される人数・火力とも他のミッションの比ではない。
    • そのくせ、演劇ミッション用の通行証は何ができるかランダムであるハズなのに「何故か」フォーティンブラス征伐は作成される確率が高いときている。通行証が10枚できた!と思えば半数以上コイツだったりなどということもよくある話である。マジで。
    • プレイヤーから一定以上離れているMOBは、こちらから近寄らない限りは一切能動行動を行わないという仕組みになっている。そのため開始直後から敵が出現する逆方向の隅で待機していると、出現後になぜか一列に整列し、何もしないという現象を起こす。錬金術のゴーレムや精霊化した弓、射程延長の改造を施した弓などはMOBが能動的に行動を始める距離よりも遠くから一方的に攻撃ができる。現在、フォーティンブラス征伐を少人数でクリアする場合はこのAIの有効距離を突いた戦法が多く採られている。