Top > バックステップ
HTML convert time to 0.003 sec.


バックステップ

Last-modified: 2012-05-27 (日) 00:20:52

バックステップ【ばっくすてっぷ】(Skill) Edit

概要 Edit

  • 格闘術スキルのひとつ。いわゆるバク転。タンブリングを行い、相手から素早く距離をとるスキル。即時発動でクールタイムは10秒。
  • 2012年3月22日のG16「格闘術」アップデートで実装されたが、不具合が発生して使用できなかった。
    同27日臨時メンテナンスで無事に実装され、現在は問題なく用いることができる。

特徴 Edit

  • 準備時間のないスキルで、ウィンドミルのような一部のスキルを即座に中断し、回避行動を取ることができる。
    練習ランクの時点で、6メートル*1(ラビダンジョンの縦横がだいたい15メートル)を一瞬で移動できるが、攻撃に対する無効効果や無敵時間などはない。
  • 一部のスキルの硬直に割り込み、隙をなくすことが出来る。要するに格闘ゲームにおけるキャンセル技と解釈して間違いない。
    • 例を挙げると、チャージングフィストを空振りした際には、チェーンが成立せず、次の技に繋げることができずに大きな隙が生じてしまうが、バックステップを使用することで即座に行動を停止し、バックステップの動作へ移行する。
  • チェーンが成立している(猶予時間がある状態)でバックステップを行っても中断されない。
  • ヘビースタンダーやディフェンスでスキルを防がれ、大きな隙を作ってしまった場合に、無理やり割り込むこともできる。ただし、完全に動作を中断できるわけではなく、スキルが持つ本来の硬直時間分は無防備になってしまう。
  • サーバ内での向きによる「背後」へ移動するが、画面上の背後でないことに注意。攻撃を受けて位置がずれていたり、通信状況によるラグによってとんでもない方向へ突っ込んでしまったりする。
  • GENESISアップデートによる間接的な影響を受け、使い勝手がよくなった。
    • 他スキルの準備時間が極端に短くなったため、本来間に合わないタイミングで攻撃を受けそうになった際に一旦距離をとり、その猶予時間内にほとんどのスキル準備が間に合うようになったからである。
    • また、格闘術ではおなじみのクールタイムが他スキルにも取り入れられたため、一方的に攻撃を続けることが難しくなった。そのため、一旦ディフェンスやカウンターによって仕切りなおしをする必要性が出てくる。距離をとって時間を稼ぐということは、それだけ安全にスキルを準備する余裕ができるというだけではなく、使用済みスキルのクールタイムにも有利に働く。

備考 Edit

  • 対応しづらい位置で相手がスキルを使用した際や、遠めの間合いからレンジアタックで狙われたが、攻撃も逃げる時間もないときなどに、一時的に大きく距離を開けて仕切りなおしすることができる。
    また、アタックやスマッシュ、1打スマッシュ、1打カウンターや1打ミルといったこちらに次の行動の選択を迫ってくる攻撃を仕掛けられたときにも、それらを抜け出す新しい手段として注目されている。
    • 遠距離攻撃への防御行動を回避とすれば、バックステップは近接攻撃への防御行動と言える。
      とはいえ、足の速い敵相手や、スキルの育ってないうちは、距離を離したはずが追いつかれて叩かれるといったこともあるだろう。
    • GENESISアップデートにより、他スキルの発動が早くなったため、バックステップが出せるタイミングでも攻撃スキルを割り込ませることが可能になった。
      ヘタに攻撃を避けようとして追撃を受ける(バックステップは無敵時間がない)よりは、無理やり押し切ってしまえば一気に逆転できる。
    • 敵モンスターやペット、パートナー、ゴーレム錬成による錬金ゴーレムはスキルが旧仕様のままになっているため、1打ミル、2打スマッシュといったテクニカルな戦術を繰り出してきても、その成立より早くプレイヤー側のスキルが発動してしまえば、プレイヤーにとってはつけいる隙ともいえる。攻撃は最大の防御である。
  • もともとの実装は、他の格闘術スキルと同時だったが、当初は習得したが使用することができなかった。
    (チェーンマスタリも同日の実装予定だったが不具合で見送られており、こちらはそもそも習得できなかった)
    後に不具合である旨が発表されたが、情報が錯綜していた時期には「何らかのスキルの後にのみ使用できるのではないか」といった仮説が立てられたりもした。
    もちろんそんなことはなく、現在ではエリンのそこかしこで軽やかな宙返りが見られることだろう。
  • スキル説明によれば「頭がクラクラするため連続使用はできない」。
    • たとえもう一度使えれば生命の危機から脱出できる状況になろうが、「頭がクラクラするため連続使用はできない」。
      ダメ元でチャレンジの精神は通用しないレベルの代物らしい。
  • 格闘スキルの中で唯一Dexが上昇する。





*1 ジャイアントは7メートル