Top > ネコ
HTML convert time to 0.003 sec.


ネコ

Last-modified: 2016-10-15 (土) 02:06:52

ネコ【ねこ】(Monster・ペット) Edit

  • ネコ目ネコ科ネコ属の哺乳類。通称「ぬこ」。
  • 野生のものはコール村周辺やヌベス山脈に生息する。
    • 先攻性があり、攻撃力も高めなので注意。
  • タララフ王城門付近には「道に迷ったネコ」がいる。こちらは攻撃できない代わりに調教ができてしまう。
    • 説明によればもともと人に飼われていたのが捨てられた(脱走した?)ネコ、要するに野良ネコらしい。
      このためか調教難易度は最も低く、カワウソよりも低い。
  • ペッカ下級ボスであるバンシーちゃんのペットは真っ黒な「ヘルキャット」。
    あきれるくらい大量にいる上に1:1属性がなく、FBで攻撃してくる。
  • ネズミとは敵対していない。捕まえたくなるだろうに。
  • ネコ島は彼らの天国。
    マタタビの香水やホンマグロを与えると「ニャーオオーン」と喜ぶ。
    • しかしこちらはペットのネズミと敵対しており、かわいさに和んでいると殴り殺される。注意。

ペットとしての猫 Edit

  • ペットとしても何種類か販売されていた。主人がダークナイトになると一緒に変身するものや、時刻によって人型に変身するもの、ゴロゴロと転がるものなど、ヒトに身近なペットとして、同様に多くのものが存在している。。
    中には主人が命令しても命令が聞こえないふりをするものもいる。だがそこがかわいい。マビノギでは特にペットの挙動に力が入っていることで知られているが、多くの愛好家達が満足する出来である。
    • 2013年に行われたペットカードの販売リスト改正で、全ての猫ペットがラインナップから取り除かれた。現在は、イベントによる配布、限定ペット販売、またはペットメダルによる譲渡でなければ新規に手に入れることは出来ない。
  • 戦闘能力はアタックやスマッシュカウンターといった近接のかなめを中心に、全ての猫種でライトニングボルトを修得し、一部ではアイスボルトファイアボルトを修得する。
    • そのためIBCLBCのAIが正確に動作し、敵を釘付けにすることができる。この点はタイプのペットよりも高く評価されている。
    • ライトニングボルトを修得することからINTやマナがカタログスペックよりも高く、IBCやLBCによる持久戦にも向き、状況によってはヒーラーとしても役に立ってくれる。
  • 一方、Strがあまり上がらないため、「殴り」によるダメージはあまり期待できない。相手の攻撃力に依存するカウンター型の運用が中心になるだろう。
    • そのため、イリア大陸のモンスターのような火力偏重型の敵に対しては相対的に火力が高くなるものの、影世界のモンスターのような耐久力の高い相手に対しては(比較して)火力が落ちてしまう。といっても影世界の敵に関しては多くのペット達が火力不足に悩まされているため、猫タイプのペットが特別弱くなってしまうわけではない。
      むしろ高耐久力で押してくるぶん、いやらしい能力を持っていない相手に対しては安定してIBC・LBCが動作することから、足止め役としては充分活躍してくれる。
      • 余談だが、影世界のモンスターに対しては毒攻撃が非常に有効で、この場合ではヘビ系ペットか、武器に毒を使うなどの対策が有効とされている。
    • また、マナシールドに対してはかなり不利。これはペットの限界であるが、スキルランクが最大6で頭打ちになってしまうため、ランク9以降の詠唱時間の短縮が得られなくなってしまう。G19現在、高INTであれば詠唱時間にもボーナスを得られるものの、あくまでも高い数値での話。こればっかりはどうしようもない。敵を選ぼう。

関連項目:ケットシー