Top > テフラ
HTML convert time to 0.005 sec.


テフラ

Last-modified: 2016-09-19 (月) 23:57:08

テフラ【てふら】(NPC) Edit

Tephra.jpg

  • G9に登場するポウォールの指揮官。
    錬金術によるクラウ・ソラス錬成をもくろむ。
  • ポウォールなので当然だが、人間たちとそのやり方には非常に否定的。
  • 元ネタはモイトゥラの戦いに登場する人物。ボウォールの王である。異説があるようだがいずれにせよこの戦いで戦死したように思われる。
  • 見かけは近接タイプのようにも見えるが、シナリオ上ではライフドレインを初めて使う人物。
    • これにより一度はミレシアンを退けた実力者でもある。
    • 脳筋一直線かとおもいきや、高い保護と防御を盾に、ライフドレインで持久戦もできるタフネスを備えたかなりの強敵。彼からライフドレインを習得することでプレイヤーも同じ戦術を使えるようになるが、これがどれほど有用であるかはご周知のとおりだろう。
  • 名前の由来はポウォールの王で海の神であるテスラ(Tethra)
  • ポウォールの中では数少ない武人気質なキャラ。
    G9ラストクエストの際、倒れた時に部下のザコモンスターの士気が下がるどころが上がるという展開を見せるなど、意外と慕われていたようである。
    • 武人として敵の成長を認め、最後までポウォールの繁栄を第一に考えていた人格者でもある。
    • しかし2012年12月に行われたイベントでは「部下に裏切られた」として登場させらるなど、公式の扱いがひどい。
  • The Classic以降、何故かグランドマスター試験に登場するようになった。
    • この際もライフドレインとホワイトゴーレム召喚は健在。
    • ポウォールの、しかも戦死した彼が何故グランドマスター試験を受けているのかは全くの不明である。
      • G17以降は設定等がほとんど無視されているため、正直あまり気にしない方がよい。ちなみにグランドマスターミッションではタバルタスやマスターリッチなどが試験官を務めている。
      • 一番のツッコミどころは、登場する彼の肩書がマスターではなく「ベテランコマンダー」であることだろう。
        あるいは、「マスター」として頂点に立つよりも叩き上げの「ベテラン」として部下と共に闘う、現場主義なのかもしれない。
  • 同輩にそっくりさんのマタがいる。

テフラ【てふら】(武器) Edit

  • 分厚い鉄板のようなグラフィックの両手剣
    人間・ジャイアント専用。改造不可。
    特殊能力として相手の防御を無視する効果がついている(ディフェンススキルではなく、防御ステータス数値を貫通する。
    • 無視するのはあくまでも防御だけで保護は無視できない。
    • 実装当時はこの特殊効果が実装されていないとされていたが、度重なる検証の結果、現在は実際に発動することが確認されている。
  • 元ネタはテフラが所持したとされる喋る剣、オルナ。
  • 交易の限定商品タブ内に、低確率で出現する。
    価格は600万ドゥカート。修理もドゥカートである。
  • 説明文には「テフラのエゴソード」と明記されているところから、テフラの使った精霊武器か、あるいはテフラの人格を宿した武器なのか、いずれにせよ強力な武器であることは疑いない・・・と思われる。
  • 最大最小クリティカルバランスの数値的なバランスがよく、防御を無視できる点からジャイアントがアタックを織り交ぜて使う場合非常に強力である。
    • ガストの防御力を紙のように切り裂く姿は圧巻。
    • 高防御に対して絶大な攻撃力を持つ一方、保護に対しては他の武器と条件はほぼ同じになる。高防御なモンスターはたいてい保護も高く設定されているため、この特性ならではのケースはかなり少ない。

Category:刀剣