Top > セット効果
HTML convert time to 0.008 sec.


セット効果

Last-modified: 2013-10-04 (金) 14:18:46

セット効果【せっとこうか】 Edit

  • 一部の装備品に標準で付けられている特殊な付与効果の総称。
    • スタミナ消費減少○増加」のように「効果」とそれを発動するための「耐性値(係数)」が設定されており、この「係数」が合計で10以上になることで効果が発動する。係数が11以上になっても、セット効果その物の性能は変化しない。
    • 一部の装備品にしか付与されていないため、望む効果を得たい場合は装備がほぼ限定されてしまい、皆同じ格好になり個性が無くなるが欠点。しかし、その効果は非常に有効であるため、この際我慢するしかない。ローブで隠すという方法もあるが…。
    • 効果の係数を付与するエンチャントも存在する。これによって多少の装備の自由を得ることが出来る。エンチャント枠を一つ潰すことにはなるが、上手く利用すれば複数の効果を同時に得られるので、それ相応の価値がある。
  • 2009/09/16現在、存在するセット効果は以下の通り。
  • マナ消費減少
    魔法使用時に消費するマナを10%減少する。ワンド改造効果とは異なり、最低でも元の消費量の90%のマナがあれば使用できる。
    元々マナ消費の低いスキルやランクでは効果は薄いが、消費が多いものであるほど強い効果を発揮する。
    マナシールドではやや特殊で、維持中の消耗速度が90%になる。
  • スタミナ消費減少
    スキル使用時に消費するスタミナを20%減少する。採取行動での消耗にも適応される。ただし、ワンド改造効果の様に本来消費する量が最低限残っていないとスキルの使用が出来ない。また、自己ヒールによる消耗には適応されない。
    スタミナは何かと消費する機会が多く、高ランクの戦闘スキルや錬金術スキル所持者にとってはスタミナの枯渇は死活問題である為、どんなタイプのキャラでも損の無い効果である。しかし、エンチャントで効果をもたらす事が不可能であるため、装備がほぼ固定されてしまうのが最大の欠点。
  • 毒免疫
    名前の通り状態にならなくなる。何気に硫黄中毒にもならない。ポーション中毒は防げない。
    硫黄中毒は時間経過しか回復方法が無いので心強いが、通常の毒は解毒剤で回復可能であるし、そもそも攻撃を受けなければ毒状態にはならないので、いまいち利用価値の低い効果である。
  • ストンプ抵抗
    敵の使用するストンプのダメージを大幅に減少し、さらにダウン抵抗を付与する。さすがに発動点から近すぎると(所謂「直撃」)ダウンは防げないが、ダメージはしっかりと下げることが出来る。範囲攻撃故にクリを貰いやすいので、ダメージ減少だけでも十分に利用できる効果である。直撃でなければダウンを防げるので、そのまま突っ込んで反撃することも可能である。
    ジャイアントが使用するストンプは敵のストンプとは理屈が異なるため、ダメージもダウンも防げない。
    効果を持つ装備品が極小数なうえ、エンチャントで付与することも出来ないが、付与されている係数が元々大き目になっているので、格好にはある程度融通がきく。
  • 爆発抵抗
    自爆モンスターの自爆による爆発に対するダメージを約80%カットし、さらにダウンも無効化する。自爆は広範囲高威力であるため、この効果を持つと持たないとでは生存率に極端な差が出る。自爆モンスターがゴロゴロ出てくるバリ上級ラビ上級へ挑むには、是非ともこの効果を発動して行こう。
    付与されている装備品には別の効果が同時にあるものが意外と多く、エンチャントでも係数付与が可能であるため、他のセット効果と同時に発動しやすい。マナ消費減少と同時発動させると、爆発の被害を回復する為のヒールの消耗が減少するため、非常に相性が良い。
  • 攻撃速度増加
    イベントで入手できた「異国風龍飾装備」でのみ発動できるセット効果。
    近接武器では攻撃後のディレイ時間を短縮することが出来る。での効果は明確にはなっていないが「照準速度の増加が最もらしい効果」と言われている。相手の硬直時間はそのままである。単純に自身の攻撃サイクルが早まるため、殲滅時間を短縮することにも繋がる。
    便利そうな反面、二刀流スタイルで武器の組み合わせによってはノックバックする打数が本来よりも少なくなってしまい、威力増加テクニックである「+1打」が封印されてしまう。これは「+1打」を可能にするための時間までは短縮されていないためである。
    後に追加されたエンチャント『子爵』『侯爵』『男爵』『伯爵』『工作(Duke:公爵の誤訳)』『ホーク』なに、
    同様の攻撃速度増加効果が付与されておりそれらを持っていない人でも発動可能になっている。
  • 半神化強化
    こっそりと追加されていたセット効果。半神スキル各種の効果が上昇すると言われている。
    発動にはヌアザガントレット、ヌアザプレートブーツ、ヌアザローブ(男女別)が必要。
    いずれも入手はファリアス報酬という超レア品。
  • 2010/10/21(C4G13)にて、新たにいくつかのセット装備と効果が追加された。
    しかし、こちらは既存のものと違って装備品に設定されているセット効果係数が固定されていないため
    発動させるには良い数字のついているものを選んで着用する必要があり、発動させることが難しい。
    また正規の入手方法で手に入れるには絶望的に低確率なのが問題。
  • 突進強化
    突進のダメージが強化される。
    バーナムプレートセットについている能力であり、このセットには爆発抵抗のセット効果も同時についている。
    突進ダメージ増加は元々突進が強力なジャイアントには特に有用といえる。
    入手はハードモードキアダンジョン各種で、アーマー、ブーツ、ガントレット、ヘルメットで構成されている。
    重鎧であるアーマーを含むせいか、エルフはこのセットを一つも装備できない。
    ヘルメットが悪人のようなイメージを抱かせる恐ろしいデザイン。
  • アイスボルト強化、ファイアボルト強化
    アイスボルトファイアボルトを強化する。ヘボナ装備についている効果である。
    入手はハードモードアルビダンジョン各種で、ローブ、シューズ、グローブ、サークレットで構成されている。
    性別や種族制限が全く無いことに加え、ローブがセットの一部なため体装備を自由なものにできるのが特徴。
  • 鍛冶強化、製錬強化
    鍛冶成功率増加、製錬成功率増加のセット効果を有する。ペイトラン装備についている効果である。
    実装されてからつい先日まで、見た目の数字は増えているように見えても効果が発揮されていない疑惑があった。
    (鍛冶1工程の成功率が89%→99%となっても普通に8割程度の成功率にしかならなかったと言う検証結果が確認されていたため)
    ハガレンイベントタイトルの「機械鎧整備士」表示改善とともに、こちらの効果も改善されたとの話もあり要検証。
    入手はハードモードルンダダンジョン各種で、ウェア、シューズ、グローブ、帽子で構成されている。
    アイデルンファーガスのようなコテコテの「鍛冶師」とはかけ離れているイメージを抱かせる。
  • ヒーリング強化
    ヒーリング効果アップのセット効果を有する。
    トリニティ装備についている効果であり、これにはマナ減少のセット効果もついている。
    これはジャイアントが普通に装備できる数少ないマナ減少セットでもある。
    今のところフォーティンブラス征伐の中級以上でセット装備の出土が確認されている。
    一部は演劇ミッション:神々の看守でも出ることがあるとか。
    ソロの自力入手でかき集めるのがほぼ不可能なセット装備であろう。
    シューズ、サークレットは共用、ウェアは男女別、グローブは女性用しか存在しないという実に変則的なセット。
  • 釣り強化
    アドニス装備に付いている効果である。また、これにはスタミナ消費減少のセット効果も同時に有する。
    釣り強化は自動釣りの効率上昇との事。スタミナ減少はコレのおかげで一気に発動させやすくなった。
    入手はイリア大陸ラノ地域各種フィールドボスドロップ。
    ウェア、シューズ、帽子全てが男女別で、ブレスレットは女性用しか存在しない。
  • フレイマー強化、ウォーターキャノン強化、ライフドレイン強化
    すべてダメージが増加する。ライフドレインは吸収量に変化は無く、ラストダメージが増加する。
    基本的にクレシダ装備についているものが主。
    フレイマーとWCにおいては、元からエンチャの付いている王政服&靴より、エンチャ無しのクレシダセット効果のほうが強力。
    入手はハッキリしておらず、生贄、シャドウウィザード退治、防御戦のエリートを始め、それ以下の難易度でも出るといった話もある。
    ウェア、グローブ、シューズと構成が3種しかなく、性別や種族などの制限は無い。
    セット効果を発動させるには3+3+4や2+4+4などの数値の組み合わせが必要な為、3種全てをフル発動させるのは困難を極める。
    (1や0が1箇所でも混ざるとその効果は発動不可能)
    ライダース装備は男女別のウェア、シューズから構成されており係数も固定なので、人気。
  • C4G14以降〜The Classic現在
    セット効果の種類と、セット効果の係数を増やすエンチャントも少しながら増加。
    これにより今まで以上に幅広い組み合わせを楽しめるようになった。
    またアバターシステム等の実装もあり、見た目にとらわれずにセット効果をつけることも可能となった。
    ただし装備品のセット効果係数は基本的にC4G13方式で、装備を手に入れても係数が高いとは限らないことも…。
  • エイヴォンの盾
    単品で突進強化10の係数を持つ盾。全種族で装備可能。
    鍛冶による製作が本来の入手方法だが、ランダムボックス産出品も多数出回っているようだ。
  • スマッシュ強化、ダウンアタック強化
    どちらもダメージを強化する見たままの効果を持つ。テムズプレート装備についている。
    バーナム装備のようにアーマー、ブーツ、ガントレット、ヘルメットで構成されている。
    バーナムに同じく重鎧であるアーマーを含むせいか、人間・ジャイアント用でありエルフはこのセットを一つも装備できない。
    入手は千年物のモンスター全般からドロップ。
    ブーツのみ、気球の報酬(☆51〜)で手に入ることもある。何故ブーツだけなのかは謎。
    なめらかに洗練された質感の金属プレートと沢山のチェーンで構成されている、露出部分の少ないガッチリとした鎧である。
    ボヘミアン装備と同じく千年物のモンスター全般からドロップするため産出量は多いが、
    補正値がスマッシュ強化とダウンアタック強化の2つであり、付く数値は0〜3とランダムのため、
    両方の補正が良いものを最低でも2部位は身につけないと強化効果の発動が難しい。
    低補正品が溢れかえるのに対し両方とも+3のものは脳筋垂涎の一品であり、高値で取引されている。
  • マグナムショット強化、サポートショット強化
    マグナムショットはダメージ強化、サポートショットは次の1発をより強力にする。ボヘミアン装備についている。
    帽子、靴、ウェア、バンドまたはフラワーバンドで構成された衣装の一式。
    すべて男女別だが種族制限は無いので、ジャイアントでも装備可能である。
    ファッション目的以外に装備する理由はないのが悲しいところだが。
    こちらもテムズセット同様に千年物のモンスター全般からドロップで入手。
  • マスターピースボウ
    単品でスタミナ消費減少10のセット効果を持つ。
    お求めは最寄の交易所の限定品タブにて。
  • ゴールドストライク強化、鉱物採取強化
    ゴールドストライクはダメージ強化、鉱物採取強化は成功率の向上とのこと。
    ベルモント装備についているセット効果である。
    帽子、ウェア、グローブ、シューズで構成された衣装のセットで、グローブのみ男女兼用。それ以外は男女別。
    上級アルバイトクリア後に一定確率で降ってくる、アルバイトの達人というクエストの報酬としてのみ、入手できる。
    転生時に交易の修練才能を選んでないと降って来ないという話もあり、詳細は不明。
    転生時に選べる、修練才能交易の女性が着ている装備がコレ。
  • The Dramaにて、デュアルガンの登場に伴い実装されたデュアルガン専用新規エンチャント、
    『半自動』『オートマチック』等に攻撃速度増加効果が存在する。
  • 発動時に『異常にクライアントの挙動が重たくなる』という不具合が長年放置されていたが、2013年9月のZEROアップデートと同時にこの不具合が改善された。