Top > スケルトン
HTML convert time to 0.005 sec.


スケルトン

Last-modified: 2012-01-30 (月) 15:25:37

スケルトン【すけるとん】(モンスター) Edit

  • RPG全般で最もポピュラー且つ亜種が豊富なアンデッドモンスター。
    マビノギでも普通のホネホネから海賊ルック、鎧を着込んだフルスペック仕様と、種類は豊富である。
  • 共通項目として、そこそこ高いHPと強力な攻撃力を持つ。最低レベルのスケルトンですら、その一撃は計り知れない。上級スケルトンにいたっては近接武器と弓を器用に扱う。また、鎧を身に付けたものはヘビースタンダーを発動させる為、うかつにアタックをしかけるのは自殺行為。
    • ラビ上級に出現するスケルトンは鎧の効果か、各種パッシブディフェンスを身に着けている。しかもナチュラルシールドレベル2である為、通常のレンジアタックでは弾かれてしまう。メタルスケルトンに至ってはレベル3である為、弓による攻撃は一切無効化してしまう。
      • そもそも細くて硬い骨(しかも隙間だらけ)に矢が刺さるのかという疑問はあるが、低レベルのスケルトンには弓でも普通にダメージを与える事ができる。そして勿論、負傷もする。骨なのに。
      • おそらく、腰骨や背骨、頭蓋骨など、比較的面積が大きく、破壊されると再生が困難になる体の中心部を、「削る」ように狙っているのだろう。
    • 低レベルスケルトンはヘビースタンダーが無いためアタックディフェンスも可能だが、低レベルとはいえ弓を使われると厄介。できるだけ使わせないようにするのが一番。
    • クリティカルヒットが出ても弓を使ってくる場合がある。高いクリ率と攻撃力・負傷率であっという間に真っ黒に。ナチュラルシールドくれ。
  • 長らく人骨や犬骨のみであったが、G10からポウォールの骨も出現。毒が効くなど人骨製とはかなり性質が異なる。
  • 様々な場所に登場するが、アンデッドのメッカであるペッカダンジョンには登場しない。白骨化しづらい環境なのか?
    • なお多くが魔符を落とすことからわかるように、設定上はポウォールの術で操作されているだけ。エディットソウル現象で自発的に(?)動いているゾンビ等とは活動原理が異なる。
  • メイズ平原遺跡にはスケルトンゴーストという種が出現する。スケルトンがゴースト化したのか、ゴーストがスケルトン化したのか、スケルトンの格好をしているゴーストなのか、ゴーストっぽい動きをするスケルトンなのか…どっちに属するのか良く分からない存在。
  • ペットとして飼育?も可能。ただし期間限定のみ。
    「ミニスケルトン」と「北極スケルトン」の2種が存在する。
    • 通常時放置しておくと、左手がポロリンともげて落ち、それをあわてて拾ってもとの場所にくっつけるアクションをする。なんかかわいい。
    • 死んだフリのできる数少ないペットであり、使用させるとただの骨の山と化す。