Top > シャープマインド
HTML convert time to 0.004 sec.


シャープマインド

Last-modified: 2014-11-04 (火) 20:01:46

シャープマインド【しゃーぷまいんど】 Edit

  • Mobの使用するスキルを見破ることのできるスキル。現在はスキルではなくシステム上の仕様として実装されている。

遍歴 Edit

  • かつては韓国サーバでランクAまで実装されていたが、日本では運営チームの「日本のプレイヤーの嗜好にそぐわない」という意見により実装されていなかった。
    • スマッシュを準備しながら歩く、ディフェンスしながら動かないといった「フェイント」を(意図してかしてないかは分からないが)駆使してくる高度なAIを持ったMOBとの擬似的な「じゃんけん」の読みあいと、攻守がめまぐるしく入れ替わる「ターン制」のすばやい判断力を要求されるという戦略性とアクション性が高く評価されていた。

  • GENESISアップデートでの戦闘システム改変に合わせてスキルとしては廃止されてシステムに直接組み込まれたため、強制的に発動するようになった。これに伴い日本でも実質実装されたことになっている。
    • 韓国ではスキルとしての廃止に伴い、シャープマインドにAPを振っていたプレイヤーにはその分のAPが返還されたとのこと。
  • しかし、この実装により敵の次の手を読む必要がなくなった。また、ダメージインフレ気味の昨今では読みあいよりも一気に押し切る「力押し」のスタイルが主流になりつつあるため、戦闘コンテンツは一方的で単純化しつつあるという側面もある。
    GENESISによるシステム改変によって「クールタイム」の概念が導入されたこともあり、持久戦がしづらくなってしまったことも原因の一つと考えられている。

  • いろいろな意見があるが、この仕様によって初心者プレイヤーには敷居がぐっと下がり、「マビノギは難しい」という人には嬉しい変更だったという。
    一方、ある程度なれたプレイヤーには相手の手が見えることで逆に簡単になりすぎて面白くない、という声もちらほら聞こえた。
    • そのためかどうかは定かではないが、戦闘中にしゃべるMOB(特に口数の多いインプやグレムリンなど)は、そのセリフのフキダシで準備しているスキルバルーンを隠すという高等テクニックを駆使してくる。
      スキルが見えることに慣れ過ぎたプレイヤーにとっては「次の一手」が分からないということの恐ろしさを見せ付けてくれる強敵に格上げされたとかされないとか。
      • かつてプロ野球界で名捕手として名を馳せた野村克也氏は、現役時代に「ささやき戦術」を駆使して相手打者を翻弄したが、なんとなく通じるものがある・・・気がする。
        もしかしたら彼らの中に野村イズムの信奉者がいるのかもしれない。
        余談

    余談・小話 Edit

    • RPでは一部のキャラクターがこのスキルを所持しているのを見ることができる。(アンドラスやファロンなど)
      • かつてシャープマインドが実装されていなかったころのプレイヤーは、
        「ねえ、○○のRPでさ敵のスキルがわかったんだけど!なにあれ欲しい・・・超欲しい」
        「本国ではプレイヤーも使えるらしいよ」
        「えっ・・・」
        「日本は(スキル)実装しないんだってさ」
        「・・・くっそおおおおお!!!!」
        とシャープマインドが使えるキャラクター(=RP中の自キャラ)に羨望嫉妬しながらもそのキャラクターを使ってクリアしなければならないジレンマと戦っていたとか。
    • ちなみに今のプレイヤーは敵のスキルがわかる(=見破れる)ことに慣れすぎて、スキルコマンドが表示されなかったらとても不安になるらしい。
      『えっ、今なんのスキル準備してるの?!実はこっそりカウンター用意してました、テヘッ。なんてことないよね?・・・攻撃したほうがいいのかな。でも反撃されたら痛いしな・・・。 』