Top > サキュバス
HTML convert time to 0.005 sec.


サキュバス

Last-modified: 2016-09-18 (日) 20:07:01

mabinogi_succubus_B.jpg

概要 Edit

サキュバス(Succubus)はポウォールの一種。魔符を持たない真性の魔族である。
魔族間では「ダンジョンに咲く黒い薔薇」の異名を持つ。サキュ、サッキュンなどの愛称でも呼ばれる。
ラビダンジョンをソロで攻略する際、ボスモンスターとしてプレイヤーの前に立ちはだかる。

  • ちなみにあくまでソロ攻略の場合のみで、PTで攻略した場合はゴールドゴブリン(下級ではライカンスロープ)がボスとなる。

最も下位とされるブラックサキュバスでさえ防御26と保護35、そして各種パッシブディフェンスLv2を備えており、この鉄壁に加えて剣の腕もかなりのもの。真正面から挑むと痛い目にあう。

  • ゴーレムと並んで初心者が越えるべき壁の一つ。彼女の鉄壁を軽く突破できるようになれば各種パッシブ持ちにも後れを取ることはないだろう。
    上位サキュバス(サキュバス戦隊)ともなると高い露出度防御に加え50〜70という尋常じゃない保護を誇り、生命力も増大しているため離縁すら困難になる。

そのため、ソロで倒すのは並大抵のことではない。トレボーなど86回も敗れたという。女性型モンスターがやたらと強いのも頷ける。

  • 一方で、人間の男性に恋をしてしまうと万難を排して恋心を遂げようとする情熱的なところもある。

遭遇するたびにランダムで顔と髪型が変わり、人族を誘惑するための台詞まわしも多彩で、極め付けには特定のスキルを使うと服が限界まで脱げていくというゴージャスな仕様を持っている。

  • どっかのスク水幼女とは違い、脱いでもセリフが変わらない。脱いだ状態で発してくる各セリフは色々な意味で体温が上がる。
  • 実は眼の色だけは赤で固定されている。余裕があれば確認してみよう。
  • 終いにはどこぞの戦隊よろしく、上級ダンジョンで黒赤黄ピンク白の5人で登場する事もある。
  • Shamalaから登場した変身マスタリをR1にするとサキュバスに変身できるようになるが、プレイヤーの変身したサキュバスにカウンターを当てても服は脱げない。残念!
  • ラビ下級のボスであるレッドサキュバスを、金のをインベントリに入れて割らずに倒すと…。
  • 持ち歌を持っており、非アクティブ状態で歌うこともある。(タルラーク曰く「人間を誘惑する歌」らしい)
  • 「色の白いは七難隠す」という通り、プレイヤー人気はポウォールの中でもひときわ高く、ナオと人気を二分している…らしい。
    • ナオ以外でフィギュア化されていたりと何かと注目される存在である。マビノギのキーパーソンであり、複数のメインストリームに絡んでくる、ある意味ラスボスヒロインとも言えなくもない女神モリアンですらフィギュア化がなされていないことを考えれば、その人気がどれほどのものかわかるだろう。
    • サキュバス自体の人気と並んで衣装の実装を望む声も古くからあり、ごく一時期に脱げた衣装がドロップアイテムとして入手できたりイベントで衣装が貸し出されたりしたが、不具合として修正されたり期間限定だったりとユーザーの手元に衣装が残り続けることはなかった。
      期間限定のランダムボックスに衣装が収録されたが、全ての部位がバラバラに収録されていたため、その人気と出現量、加えてランダムボックスの高価さからゲーム内の取引相場はいわゆる”最強装備”すら余裕で買える程に高額となっている。その後も幾度も期間限定ランダムボックスにサキュバス衣装シリーズが封入され、現在では幾分現実的な価格で取引がされている。といってもやはり品薄なことは変わりなく、期間限定ランダムボックスの販売終了後はゆるやかに値上がり傾向にある。サキュバスの根強い人気が伺える。
    • さらにエリン武闘大会のイベント戦の報酬として「サキュバスのボディウェア」も登場。こちらは限界まで脱げたサキュバス衣装(モーションつき)となっている。実質無料で手に入る装備であるものの、取得確率がそのぶん非常に低く設定されており、そのため高値で取引されている。
    • プレイヤーには装備できないが、ダンバートンの交易限定商品に「サキュバスの水着」というものがある。こちらはあまりの人気ぶりにニセモノまで作られているらしく、「ニセモノを所持しているとサキュバスにいたずらされるかもしれない」と書いてある。是非してください
  • 関連タイトルとして「サキュバスを倒した」「サキュバスを誘惑した」などが存在する。後者はサキュバスの調教に成功すると獲得できる。
    • サキュバスの調教と聞いてアダルティーな場面を想像した人は要反省。
  • マビノギ英雄伝にはエピソード8からグラスギブネンと共に登場。
    服装が本家マビのそれと大きく異なる他、鎌を武器とし、時間を操る能力を備えており、リアル描写もあいまって本家のサキュバスよりもさらに妖艶に見える。
    一方、特定条件を満たすと服が脱げる(正確には破ける)、HP自体は低いなどの共通点も。
    • 戦闘中にもいろいろとセリフをしゃべってくるのも共通している。服が破けた瞬間のセリフにドキドキさせられるプレイヤーも。

夢魔 Edit

  • 元ネタは男性を誘惑して精気を吸い取る魔物サキュバス(スクブスとも)。対称の存在としてインキュバスが存在する。語源はラテン語の「下に寝る者」。
    相手となる男性の好みに合うように容姿を変えるともいわれ、このあたりはマビノギでも「遭遇するたびに姿が変わる」という形で再現されている。
    • …のだが、何故か同一プレイヤーが連続で遭遇した場合でも姿が変わる。「今日のさっきゅん」のお姿を楽しみにしながらラビダンジョンに潜入するプレイヤーもいるとかいないとか。
    • WikiPedia.ja:夢魔
  • ファンタジー作品にも結構な頻度で登場。男性を誘惑するためか妖艶な美女悪魔として描かれることがほとんどである(たまに例外もある)。
    相方としてインキュバスを連れていたり、悪魔ということでドSな女王様キャラであることも多い。
    能力もオリジナルの通りに「男性を誘惑する」であったり「単に悪夢を見せて苦しめる」だったりとさまざま。
    一方で美女モンスターということで登場作品の看板娘を務めることもある。
    • ちなみに某格ゲーのサキュバスはコウモリをモチーフとした衣装を着用しているが、これはもともと吸血鬼という設定でデザインされていたからだとか。
      もちろん吸血鬼とサキュバスは全くの別物である。

関連項目 Edit