Top > コール
HTML convert time to 0.004 sec.


コール

Last-modified: 2013-10-26 (土) 16:59:23

コール【こーる】 Edit

  • 村人達はイリニドの精霊を信仰する独自の土着宗教を持っており、シャーマンのコウサイが実質的な村長である。
    • 実際に人類の原始的な宗教様式として精霊信仰は各地に発生しており、そうした物を強く意識したと思われる設定。
    • ウルラ大陸では見られない独自の宗教体系や思想故か、ウルラ大陸では誰も発見できなかった保護系の魔法マジックシールドマナシールドを編み出している。
    • 後にThe Dramaにおいて『悪霊』の概念も持っていた事が明らかになった。
  • かつてラッパに居住していた人々がホブゴブリンの来襲により村を捨て、新たに築いた村である。
    • スイトゥー川周辺にホブゴブリンが拠点を作り、東へと進出してきているためミレシアンに対してはこれを駆除する事で褒章を出している(→『筏下り』)
  • 湿地帯であり、太陽が照らしつけるため
    (ボイトを除く)村人は全て日焼けしており、非常に涼しそうな格好をしている。
    • ボイト曰く「クソ暑い」。
    • 単なる気温のみならず、おそらく湿度も相当の物である。
  • アルバイトが一切存在しない唯一の村。
  • 余談ながら、非常に料理に向いた村。ジャガイモとトウモロコシが収穫可能であり、
    ルワイの食料品店はなかなかの品揃え。
    井戸もかまども完備してあり、コーヒーの採取地も近いという稀に見る好条件。
    見当たらない食材はケルラベースキャンプにいけば置いてあるかもしれない。
  • Shamalaアップデート以降、緑色のキウイが生息するようになった。

The Dramaにおけるコール村 Edit

  • メインストリームThe Dramaにおいてはイリア大陸に出現した『悪霊』の正体を追うとしてメイン舞台の一つになった。
    • 余談ではあるが、影ミッション中のコール村人は異様に強く「なぜホブゴブリン程度に手を焼いているのか」とツッコミが入ることもある。
  • コール村の周辺地域ではコウサイのようなシャーマンがその能力を研ぎ澄ますために修行をしており、人々を助けたり導いたりしている。

関連:イリアクルクレ古代イリニド


コールのNPC Edit