Top > クー・フーリン
HTML convert time to 0.005 sec.


クー・フーリン

Last-modified: 2016-09-18 (日) 20:06:11

クー・フーリン【くーふーりん】 Edit

  • ケルト神話では、半神半人の英雄でルーの一人息子である。
  • 名前の意味はクランの猛犬。この名前を名乗る前の幼名はセタンタという。
    • 幼少時に猛犬に襲われたときに返り討ちにしたことから。鍛冶屋のクラン(クーリンとも)の家に招かれた際、些細な行き違いが原因で大事な番犬を殺してしまったセタンタは、番犬の子犬が大きく育つまでクランの屋敷の番兵を務める、というエピソードがある。
    • ちなみにこのことから犬に縁があり、生涯犬の肉は食べないというゲッシュ(誓い)を立てている。
      • なお、このゲッシュ(誓い)は困難なものほど強い加護が得られるとされており、様々な英雄の助けとなっているが、逆にこれによって命を落とすケースも少なくない。クー・フーリンもその一人。
  • 魔槍ゲイボルグの使い手で、投げれば30の銛となって敵を襲い、突けば相手の体内で30の棘が飛び出して敵を討つという。
    • クー・フーリンの師匠が影の国の女王スカアハで、もともとは彼女が持っていた武器であったが、その技量が認められて授かった。
    • どんな強固な盾も堅牢な鎧も引き裂いて多くの敵を倒したが、最終的には彼自身もゲイボルグによって命を落とすという。
  • ゲーム内では↓
    ネタバレ

    wikipedia.ja:クー・フーリン