Top > エレメンタルウェーブ
HTML convert time to 0.002 sec.


エレメンタルウェーブ

Last-modified: 2016-09-18 (日) 20:31:23

2013年11月7日のZEROアップデート「闇の賢者 プロフェッサーJ」で実装。

4大属性エネルギーを爆発させ、錬金術を強化するスキル。
このスキルを使うと溜めた属性エネルギーが全て消滅するので、慎重に考えてから使う事。

ZEROプレミアムキャラクターカード、ZEROベーシックカードでキャラクターを作成し、プロフェッサーJの才能を選択するか、チェーンシリンダーの発動時に低確率で習得する。

概要 Edit

  • このスキルを使うためには、前準備として「エレメンタルゲージ」を蓄積させねばならない。このゲージは地水火風の結晶を消費する錬金術を行使することで各属性に対応するゲージが増加、全ての属性を100%まで溜めると使用可能状態になる。
    • この辺りの特徴は人形術スキル9幕:目覚める命と類似する。
    • また各属性のゲージが50%以上になると、その属性に対応したステータスの増加、一部スキルのクールタイム短縮といった副次効果が発生する。
      具体的には火=ライフ、水=マナ、土=スタミナ、風=クールタイム軽減に対応しており、それぞれ+50〜+150の数値が加算される。風属性のクールタイム軽減は0.5%〜10%の軽減効果が得られる。ヒュドラ錬成やレインキャスティングなどのクールタイムに追われるタイプのスキルにはかなりありがたい効果ではないだろうか。これはエレメンタルゲージが表示されている(=シリンダーとガードシリンダーを同時に装備している)状態でのみ有効。
  • スキルを使用するとガードシリンダーにエフェクトがかかり、強化対象の錬金術スキルのアイコンが点滅・強調表示される。この時点でエレメンタルゲージが全て0%になり、副次効果が消滅する。錬金術強化状態が解除されるまでは次の蓄積が行われないことに注意。
    • 強化対象スキルは基本的にその特徴を大きく伸ばすものとなっている。詳細はそれぞれのスキルの項を参照のこと。
    • 錬金術の強化状態は、強化対象スキルを使用することで解除されるが、該当しないスキルには干渉しないため解除されない。
      また、時間経過では解除されず、装備変更で解除されてしまうが、シリンダー+ガードシリンダーの組み合わせに限り解除されない。
  • なお、シリンダーとガードシリンダーの両方を装備していないと蓄積自体行われない。

備考 Edit

  • ZEROアップデートで追加された「自己強化型」スキル。これ単体でも強力ではあるのだが、同種のスキル(フレンジーなど)と比較すると即応性に欠ける面がある。
    • ゴールデンタイムを習得する事でこの弱点は解消され、その真価を発揮する。詳細は当該項目を参照されたし。
  • 基本的に一つのスキルで二種類以上の属性エネルギーを蓄積でき、その組み合わせのパターンも決まっている。よって、特に意識せすども適当に錬金術スキルを使っていればそのうち使用可能になる。
    しかしそれでもある程度の偏りは発生するため、効率良く使うには複数のスキルをバランス良く使うことが必要になるだろう。
  • 実装直後の時点では、属性エネルギーが最大値に達すると、テロップで「属性エネルギーが100%になりました。」と表示され、以降は錬金術を使用するたびに同じテロップが何度も何度も表示されるため、敵が隠れるなどしてプレイに支障が出ていた。
    これが意図した仕様であれば、切り札として大事に取っておかないでさっさと使え!と開発は想定していることになるが、やはりただの不具合だったのか、現在では既に修正されている。